北里大学の医学部に合格する方法 | 医学部受験ならプロ家庭教師のロジティー

北里大学医学部の基本情報  

試験に関して(定員・試験科目・配点)

合格最低点・得点目安

男女比・現役浪人比・学費

北里大学医学部に合格するのための基本情報

北里大学は元は北里柴三郎が設立した北里研究所にあり、非常に歴史ある学校となっています。

また、医学部には看護学科を併設している学校が多いですが、北里大学は別に看護学部があり、医学部は医学科のみとなっています。

感染防御に特化した大学院感染制御科学府もあります。

医学部だけでなく獣医学部もある数少ない大学としても有名です。
他にも理学部や薬学部など、完全に理系の学部のみとなっています。

他の医学部情報は → こちら

アクセス

住所:神奈川県相模原市南区北里1-15-1
最寄り駅:原当麻駅(相模線)、古淵駅(横浜線)、相模大野駅(小田急線)

医学部だけでなく多くの学部がここにあり、大学本部もあります。

どの駅からもある程度距離があるので、歩くと時間がかかります。
車で行くか、電車で行く場合は駅からバスを利用するのがオススメです。

また、相模大野駅~羽田空港で、空港バスもあるので、飛行機を利用される方にも便利です。

試験に関して

定員

一般試験は2021年1~2月の試験で、74人の定員です。
しかし、実際の入学者は120人程度(地域枠等を含む)

これは指定校推薦の枠があり、35人です。


また、地域枠が9枠あります。

相模原市、神奈川県、山梨県、茨城県は出願時や入学後に選択することができます。
これらは特待生と併用可能です。

試験科目

一般の一次試験は標準的な3教科4科目です。

【英語】(リスニングなし)
【数学】ⅠAⅡBⅢ(データの分析を除く)
【理科】化学、生物、物理から2つを選択

英語は70分で150点
数学は80分で150点
理科は2科目で100分の200点

合計で500点満点となっています。
理科は物理選択(原子除く)も可能となっています。

2次試験

一般入試を受験して合格者は120~130人程度です。
しかし、1次試験に合格しているひとは500人近くいるのです。

つまり、2次試験の倍率は4倍程度。
多くの生徒は面接や小論文に時間を割く余裕がなく、また簡単には対策できません。
そのことを考えると、1次試験で合格ギリギリの点数だと、2次試験は相当頑張る必要があります。

【論文】小論文(90分)
【面接】個別、集団およびその併用

当然ですが出身高校からの調査書も求められます。
また、一部の生徒は健康診断もあります。

共通テスト利用入試

共通テスト利用入試は、獣医学部で実施されていますが、医学部では実施されていません

年度によって変更する可能性があるので、実施される際には更新していきます。

合格最低点

合格最低点は300点前後(57~64%)になります。
2017年に330点をこえましたが、例年は300点くらいになります。

実際に勉強する際には300点(6割)をコンスタントに超えられることを目安にするとよいでしょう。
苦手な分野でも最低でも5割はとれるようにしないと、合格は厳しいでしょう。

男女比・現役浪人比・学費

2018年度の男女比は1:1程度でしたが、
毎年の男女比は男性が少し多めで男性:女性=5:3くらいになっています。

男女比はだいたいまた現役率は3割程度となっています。
3浪以上の浪人生が約25%もある

学費は6年で4000万円近く

学費は、
初年度900万円、
2,3年次640万円、
4~6年次570万円、
となっており、6年間合計で3890万円です。

もちろん電車を使えば定期代だったり、教科書代など様々な費用が他にもかかるので、その分も考えると4000万円くらいはかかることになります。

効率的に医学部合格を勝ち取るためのプロ家庭教師に興味がある方は → こちら