北里大学医学部の入試問題(数学)を徹底分析 |医学部ならプロ家庭教師のロジティー

北里大学医学部の数学  

大問1分析

大問2,3分析

具体的な対策

対策のまとめ

北里大学医学部の数学

北里大学の医学部では、数学は必須。
他の医学部と同様にⅠAⅡBに加えてⅢも必要になります。

時間は80分です。
大問は3つ出題されます。

合格最低点などの北里医学部の情報は → こちら

英語分析・対策は → こちら

理科(化学・生物)分析・対策は → こちら(近日公開予定)

大問1は小問集合

問題としては4~5問の小問があり、それぞれのジャンルはバラバラにされています。
また、解答のみの記載になっているので、途中の計算ミスは致命傷となります。

出題範囲は読みやすい

確率(場合の数)、ベクトル、数列、微積は非常に頻出です。
これらは北里大学に限らず、ほぼすべての医学部で出題されるので、北里大学はもちろんですが、その他の併願する医学部対策として有効です。

積分は特に回転体がよく出題されます。
大問ではあまり難しい積分が出題されていない分、この小問では積分はほぼ間違いなく出題されます。

当然ですが、積分と微分はセットの出題が多いです。
回転体を作る前の段階の図は微分で自分で作成しなければいけません。

小問の難易度

小問といいつつも難易度はある程度あり、センターと同じくらいのレベルの問題は1問も出ません。

計算量が多く、標準レベルから1つひねった問題が出題されるので、基本的な定理などは完璧にして、応用がきく状態を作ることは必須です。

ただし、医学部としては標準レベルか少し簡単な程度なので、小問は満点を目指す必要があります。
数Ⅲによっぽどの自信がない限りは、小問は多くても1~2問ミスで切り抜けましょう。

2つの大問は数Ⅲから

大問が2つ出題されますが、すべて記述式。
基本的にすべて数Ⅲから出題され、ほとんどが楕円と双曲線といわれる2次曲線の範囲と、微分積分の範囲です。

難易度も標準が中心

実際の問題も特殊な問題は出ずに、標準的な問題集の精度を高めておけば十分に回答ができるレベルです。

しかし、計算量はある程度しっかりあるので、計算ミスをしないレベルまで自分になじませる必要があります。

また、近年は数学の難化が見られるので、テストで出題されるレベルよりももう一つ上のものが解答できるまでいくと、合格率を大きく高めることができます。

数学対策

全体的に数学の定理や公式を理解しているのは前提条件。
これが出来ていないレベルだとどの医学部でも門前払いだと思って大丈夫です。

また、医学部は少しずつ難化しているので、現在の問題が解けるレベルは最低条件。
可能であれば+αもしたいところです。

問題集は標準レベルを完璧に

メインの問題集としては青チャートやニューアクションαなどがいいです。

もう少し簡単なものでは、黄チャートやニューアクションβがあり、数学が苦手で最初から数学で高得点を狙わないと決めている人は、これらでも大丈夫でしょう。
黄チャートが完璧になれば合格レベルの点はなんとかとれると思います。

医学部を狙うのであれば、どの大学でも青チャートやニューアクションαが一般的によく使う参考書になるので、北里大学以外でも有効になります。

余裕があれば大学への数学(1対1対応)などもあります。
チャートなどがある程度のレベルに行った場合のみ、数Ⅲの2次曲線と微積を中心にできれば十分に合格を狙えます。

問題集は最低でも3回は行う必要があります。
実際に合格レベルに行くには苦手な分野や難易度の高い数Ⅲなどは5~10回は解くことになるでしょう。

さらに簡単なものでは4STEPや標準問題精講などがありますが、これらは使わないほうがいいです。

特に学校で配布されることも多い4STEPなど、定理に対する解説がなく、公式を暗記しましょうという問題集は、医学部レベルではありません。絶対使ってはいけません。

これらのレベルでないと太刀打ちできないのであれば基本的事項がわかっていません。
問題集を使う前にきちんと定理の理解や基本計算から始めましょう。

そもそも問題集を使うレベルにあるか?

実際これらの問題集を解くならば、センター試験で7割くらいは当然のように取れる必要があります。
センターレベルですら6割も取れないようでは、勉強方法そのものを見直した方がいいでしょう。

私の生徒でもよく話をしますが、自分のレベルを理解せずに問題集を選択する医学部受験生は多いです。
まずは自分のレベルを理解しましょう。

厳しい言葉かもしれませんが、その方が確実に合格が早まります。自分をしっかり分析することは医学部に合格するだけでなく、その後の医師生活を考えても重要になります。

自分自身で、自分のレベルが判断できないのであればプロ家庭教師など、外部に頼りましょう。

対策のまとめ

  • 自分のレベルを理解しておこう
  • 定理や公式は根本理解を最初にしてしまおう
  • 数Ⅲ(特に微積と2次曲線)は優先しよう
  • 問題集は繰り返し繰り返し解こう

偏差値40台から医学部へ逆転合格をしたい人は → こちら