仮面浪人はすべきか? | 浪人するならプロ家庭教師のロジティー

仮面浪人は非常にリスキー

1年間で成績は驚くほど伸びる

気持ちを整えるのが一番難しい

まとめ

仮面浪人は失敗確率が非常に高い

多くの生徒を見てきた私の感覚では仮面浪人の成功率は1割未満。
当然ですが、浪人よりも成功率は低いです。

お子さんが浪人する保護者の方はこちらの記事をお読みください。

仮面浪人が失敗する理由は非常に多いです。

  • やることが多い
  • 時間が取れない
  • 環境の変化などストレスが多い
  • やる気がもたない
  • 自己分析も大学分析もできない

あげればさらに出すことは可能です。
受験勉強に加えて大学の勉強が入るので当然なのは理解しやすいと思います。

共通テストへの移行はチャンス

2021年1月に共通テストに移行することで、これまでとは違い、予想と大きくずれた結果を手にする生徒が多くなると予想していました。

実際に一部の科目では難しくなりましたが、予想ほど大きな変化がなく、平均点はそこまで下がりませんでした。

2021年の2,3月にこれを見た生徒や保護者の皆さん。
是非とも一時的な感情に流されず、しっかり考えてください。

第一志望に受からなかったことは、必ずしも悪いことではありません。

自分が納得して自分を認めてくれた大学に行く場合は、不合格だった大学への未練は断ち切りましょう。
未練が断ち切れないのであれば、もう1年頑張ってみましょう。

どちらも正解です。
中途半端だけはやめましょう。

仮面浪人に失敗するとどうなるか

仮面浪人を選んだ人のほとんどがとる進路は2択になります。

  1. 受験をあきらめ、いま通っている大学にそのまま通い続ける
  2. 途中で大学を退学(停学)し、浪人生になる
  3. どっちつかずで決断ができず、ずるずると時間がすぎる

理由は簡単。
仮面浪人の状態で満足な受験勉強ができる人はほぼいないからです。

そもそも現役のときに勉強に専念しても、合格できなかった大学や学科。
仮面浪人のような2足のわらじ状態では合格できないのは当然ともいえるでしょう。

①になるくらいなら、最初から合格した大学を大事にし、進学する方がオススメ。
第一志望じゃなければいけないというのは思い込み。

あなたを合格させてくれた大学は、あなたに是非来てほしいと思ったから合格通知をだしているということを、是非思い出してほしいですね。

②になるくらいなら、当然家庭教師や予備校などを利用して浪人したほうがいいです。
仮面浪人でも合格できるほど頑張れるのであれば、最初から浪人して受験に専念すれば、より合格率を高めることができます。

あなたの第一志望に近いのは、受験に専念した浪人なのは間違いないでしょう。

実は一番多いのが③
もちろん③のあとに①か②に移行することになります。

この場合は、①なっても今の大学を好きになるのは難しいです。

以前の第一志望が忘れられないから。
簡単に忘れられる第一志望なら、仮面浪人はそもそも選択していないかと思います。

②になっても、スタートが遅いので他の浪人生より勉強にあてられる時間が短い。
結果として、第一志望の大学や学部に行けない可能性が高まるのでもう一年さらに余計にかかることになります。

実際にゴールデンウイークや夏休み時期から、仮面浪人を諦めて予備校や家庭教師などで浪人に切り替える人が一定数います。

どちらを選んでも一生の後悔になる可能性が高いのが、現実です。

1年間で成績は大きく伸ばすことができる

多くの浪人生が、成績を伸ばすことができずに1年間を終えています → こちら

しかし、正しい勉強をすれば1年間で大きく成績を伸ばすことができます。
実際私のもとで1年間本気で勉強した場合、成績は大きく伸びてきました。

  • 偏差値でいうと10~20
  • センター得点率でも20~40%
  • MRACHに落ちた生徒 → 早慶上理が狙えるレベル
  • 医学科や獣医学科に記念受験 → 医学科や獣医学科に合格

もちろん、他の予備校や家庭教師でもしっかり成功している生徒はいっぱいいます。

他にも最近人気の看護学科や生命科学、心理学や行動学などの分野の大学への合格など、1年間を有効に使うと大きな成果が出る可能性が非常に広がります。

こういったことは現実に可能であり、仮面浪人で大学合格を目指すより圧倒的に現実的なのです。

仮面浪人で一番難しいのはメンタルコントロール

普通の浪人でもメンタルコントロールは難しいので、やる気を維持して1年間勉強することは容易ではない。
だから私の生徒では、メンタルコントロールの話もよくします。

さらに、緊張対策なんて話もしています。

それに対して仮面浪人の誘惑度合いは普通ではないです。

周りは大学生活を謳歌しているのに、自分だけどっちつかずで、遊ぶことも夢に近づいている感覚の勉強もできない。
これに耐えられて勉強できる人なんて、ほとんどいません。

気持ちを支えるものが君にはあるか?

仮面浪人でも普通の浪人でも、現役生だとしても。
受験を乗り越えるための強い心を作るのは、将来への目標が明確なことです。

  • 君はなぜ勉強するのか?
  • 将来の夢は何か?
  • 君にとって価値があるとはどういう状態なのか?

こんな問いかけに明確に答えられるのならば、受験に対しての気持ちづくりの基本はばっちりです。

オススメはしませんが、逆にこれをしっかり考えた上で、自分が最適だと思う方法が仮面浪人なのであれば、それも一つの正解になるでしょう。

まとめ

  • 仮面浪人は極力避けよう
  • 自分が合格した大学は大事にしよう
  • 目指したい道があるなら、専念して頑張ろう

仮面浪人のまま頑張りたい人も、受験に専念して頑張りたい人も → こちら

よくある質問・料金などは → こちら

こういった本もありますので、どうしても仮面浪人するという人は、強い意志をもって頑張って下さい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. […] 日大の獣医は私立獣医の中でも日獣や麻布に並んで高難易度で、浪人比率も高いです。 日大自体がアメフト部の騒動がありました。 […]