麻布大学の生命環境学部の基本分析

麻布大学の生命環境学部の基本情報  

試験に関して(定員・試験科目・配点)

合格最低点

浪人比・男女比・学費

麻布大学の生命環境学部に合格するのための基本情報

麻布大学は2学部5学科の大学で、
「獣医」「動物」「健康」「食物」「環境」

という5つの視点から“地球と共に生きる”未来を描いています。

入試科目(英語・数学)分析は → こちら

麻布大学獣医学部獣医学科に関しては → こちら

麻布大学獣医学部動物応用科学科に関しては → こちら

学科説明

生命環境学部は、

臨床検査学科
食品生命科学科
環境科学科

の3学科から成り立っています。

臨床検査学科は「健康」
国家資格である臨床検査技師になるための学科です。
臨床検査技師は病院で検査をする人です。血液検査や心電図検査などは皆さんもされた経験があるかと思います。

食品生命科学科は「食物」
食品業界や医療・バイオ関係で働く人材を育成します。
食品だけでなく遺伝子組み換えや化粧品関連など関係する範囲は非常に幅広いです。

環境科学科は「環境」
検疫所や保健所といった場所でも勤務できるよう、化学的生物学的に環境を考えられるような教育をしています。
公害や原発など、日本のみならず世界中で関心が高まり続ける分野です。

アクセス

住所: 神奈川県相模原市中央区淵野辺1丁目17−71
最寄り駅:JR横浜線 矢部駅 から徒歩4分


正門は矢部駅からの方が近いですが、校内に入るだけであれば相模原駅も非常に近いです。

新横浜駅からだと横浜線でそのまま30分ほど
新宿駅からの場合、京王線で橋本駅乗り換えで1時間程度でキャンパスにつくことができます。

2学部のみの大学なのでキャンパスはこの一か所になります。

試験に関して

生命環境学部は、全学科で、主に4つのタイプがあります。

定員

一番多いのが一般入学試験Ⅰ期

各学科全体で80人の定員がありますが、そのうち40人ずつ(臨床検査のみ45人)がこの一般Ⅰ期。
一般Ⅱ期は各学科5人です。

次に多いのが推薦入学試験
臨床検査技術学科が20人で、他2学科が25人です。

後は、共通テスト利用のⅠ期とⅡ期で各学科5人となっています。

基本的に志望度が高ければ一般Ⅰ期
滑り止めであれば、一般もしくは共通テスト利用で受験しましょう。

試験科目と配点

一般試験 

2科目で200点満点
『英語』 英語
『数学』 数I・数A・数II
『理科』(化学・生物から1科目選択)

上記から2つ選択です。
必須科目はなく、理科2つを選択することはできません。
数学はBがなく、Ⅰ、Ⅱ、Aとなっています。

時間は2科目合計で120分となります。

Ⅰ期もⅡ期も同様の試験科目・時間・配点です。

共通テスト利用入試  

2科目で400点満点
『英語』 リーディングのみ
『数学』 数IA・数IIB
『理科』(基礎2科目の組み合わせ・発展1科目のどちらか)

英語200点満点、数学は数IA・数IIBで200点満点、理科は基礎2科目か発展1科目で200点満点。
そこから2つ選ぶので、400点満点となっています。

受験モデルとしては
・英語、化学基礎、生物基礎
・数学ⅠA、ⅡB、化学
のような形になります。

合格最低点

生命環境学部の3学科の問題はすべて同じ。

合格最低点は

臨床検査学科が最も高く、
その次に難しいのが食品生命科学科、
そして一番合格最低点が高くないのが環境科学科です。

臨床検査学科の合格最低点

一般試験(A日程などの最初の一般日程)の合格目安は70~75%

200点満点で140点(70%)で合格できる年もありますが、150点弱の年もあります。

テストで75%を取らなければいけないのは、流石3学科の中で最も難しい臨床検査学科。
75%は非常に難易度が高いように感じますが、英数理の中から得意な科目を選択できるので、得意科目を集中的に勉強できます。

初の共通テストで読みにくいが、センター試験時代は8割ほどと難易度が高かった

前回までのセンター試験では、400点満点で300~340点と、8割前後の点が必要でした。


数学を選択した場合ⅠAⅡBのどちらも必要で8割はかなり難しいです。
ことしは共通テストで難易度があがることを考えると70~75%程度の合格最低点になると予想されます。

食品生命科学科の合格最低点

一般試験の合格目安は58~63%

合格最低点が非常に低くなる年もありましたが、
例年の結果をみると120点(6割)前後が求められます。

130点(65%)とれれば安心できるでしょう。

センター試験時代は290点

今年は共通テストです。

センター試験時代を考えると280~290点が目安です。
400点満点なので70~72%くらい
臨床検査学科と比較すると1割余裕がありますが、7割は平均以上の得点が必要なので容易ではないかと思います。

今年から共通テストなので1割程度合格点が下がるでしょう。

環境科学科の合格最低点

数年の傾向を考えると目安は100点。

満点が200点なのでちょうど半分の50%の得点率を目標にするのがわかりやすいです。
110点(55%)をとれれば安心といえます。
他の学科よりも得点が求められないので、一般試験においても入りやすい学科といえます。

センター試験は260点

センター試験時代は例年の傾向を見ると260点前後が目安です。
400点満点なので65%くらい。

共通テストでは6割を切っても合格最低点に届く可能性が高いでしょう。

浪人比・男女比

3学科ともに現役生の方が多く、大体8割くらいとなっています。

3,4年前は臨床検査学科は、もう少し浪人率が高かったですが、現在はすべての学科において8割くらいの現役生、浪人生は2割程度となっています。

男女比は

臨床検査学科は女性が多く、だいたい7~8割が女性です。
食品生命科学科は大体半々。男女比が同じくらいになっています。
環境科学科は男性が多く大体7割程度が男性。

学科によって男女比が全然違うので、事前にチェックしておくと安心です。

合格実績のあるプロ家庭教師に興味がある方は → こちら

コメント

  1. […] 麻布大学の他の学部や学科は、 獣医学部動物応用科学科、生命環境学部になります。 […]