上智大学総合人間科学部(看護学科など)の数学を徹底分析 |早慶上理ならプロ家庭教師のロジティー

総合人間科学部の数学  

小問は3つ

ひとつの大問は微積の可能性が高い

もう一つの大問はAかB

対策・勉強法

まとめ

総合人間科学部の数学

総合人間科学部は文系学科と、理系学科が混ざっている学科です。
看護は理系学科といえますが、文系と理系の間の位置づけ。

総合人間科学部では数学はⅠAⅡBとなっています。
大問は3つで、マーク式の出題となっています。

総合人間科学部の5学科すべてで、数学は選択の位置づけ
どの学科でも選ぶことができると同時に、外すこともできます。

看護の中ではかなり難易度が高い

看護学科の数学は数学ⅠAのみという大学も少なくありません。
上智は看護の中でも偏差値が最も高い大学の1つ。
ⅡBも勉強しなければいけないのは高いハードルです。

しかし、他の大学と同様、数学自体の難易度は基礎ばかり。
難しそうに見えて簡単な問題が中心となっています。

ただし、近年の医学科、看護学科への人気上昇を受けて年々問題は難しくなっています。

合格最低点も高くないことを考えると、数学選択は暗記が得意でない生徒におすすめです。
正しい先生に習えば、1年程度本気で勉強すれば十分に合格点を狙えますが、できれば1年半~2年。
2年生の最初か遅くとも夏休みまでに正しい勉強を始めれば、難関看護学科への道はひらけるでしょう。

数学は女子でも避けられない時代

看護だけでなく、総合人間科学部は女の子比率が高い学科ばかり。
女子生徒は数学に抵抗感がある生徒が少なくありません。

看護はもちろん、教育学、心理学、社会学のどの分野でも数学的思考は必須です。
これは一般企業でも同じ。

数学はどの分野でも役立つ学問です。
そして女の子で数学に強いと、社会でアドバンテージとなります。
是非、女の子だからこそ数学を勉強しましょう。
就職のときも数学があるので、先を見据えても有利です。

上智大学 → 総合人間科学部 理工学部  その他の大学分析 

最初は計算の小問が3問

年によって小問集合が出ないこともありますが、最初は3問の小問集合が出題されるケースが多いです。

複素数や対数関数など、数Ⅱの分野から出題されることが比較的多く、
看護学科などをメインターゲットに据えている生徒の場合、数ⅠAばかりで、Ⅱがおろそかになりがち。

数Ⅱの基本計算はしっかりおさえてきましょう。
逆に言うと、複素数や対数関数、三角関数は、王道の基礎計算+典型的問題さえやっていれば十分。
短い時間で対策ができるのでおとくです。

数Ⅱがメインとなっていますが、数Aや数Bからも出題されます。

難しくはないが、単純ではない

全体的に基礎計算から出題されています。
しかし、ただ公式を覚えていればすぐに解答できるわけではありません。

公式理解に加えて、もう一つ難しくは作られているので、しっかりと公式が使えるのはもちろん、例題を数多く解いておく必要があります。

あくまで定期テストで出題されるレベルの難易度なのでそこまで構える必要はありません。
基礎レベルの問題集が対策のメインとなります。

微積は頻出

どの大学でもそうですが、ⅡBが出題される大学では微積は頻出。
上智の総合人間科学部でも、微積は必須といえるほどよく出題されています。

微積は一見難しいですが、数Ⅱの微積はパターンが少なく、覚える公式も多くないので取り組みやすいです。
数Ⅱなのかでは最重要分野なので、優先順位を上げましょう。

典型+ちょいひねり

微積の問題の典型は、関数を微分して図形をイメージしたり、接線を描きます。
そして交点を求めて、面積を積分で求める。これが典型です。

上智レベルだとここに、さらに一工夫
新しい点を設定し、三角形など図形をもとめたり、何かしらの値を追加する問題が出ています。

問題自体は標準的ですが、典型問題にちょっと加える問題は、典型問題をしっかり理解に基づいて、演習。
そうしてはじめて、ひとひねりに対応できるようになります。
まずは基礎。これは鉄則です。

もう一つの大問はAかB

微積ではない大問はどの分野かわかりません。
基本的にはAかBからの出題ですが、数Ⅰを変化させたり、数Ⅱから出題してくる可能性も十分にあります。

難易度は他と変わらない

難易度は基本分野を中心にして、そこに少し加えてくるのは変わりません。
だからこそ、最重要はいかに基礎をかためるか、ということ。

数Aであれ数Bであれ、基礎の重要性は変わりません。
特に確率、整数の性質、ベクトル、数列は、典型問題がはっきりとしています。

正しい先生に聞くとわかりますが、数Ⅰなどよりも基礎問題のパターン数が少なく、対策しやすいです。
まずは公式を覚え、それを使いこなすような計算問題から頑張っていきましょう。

対策・勉強法

対策としては特別なことは必要ありません。

文系レベルや看護レベルでは難しいといえますが、総合的に考えると難易度は高くありません。
また、合格最低点を考えると、苦手な分野を大きく落としても合格最低点を十分に超えることができます。

何よりも基礎レベルを大切にし、公式を使った典型問題を十分に練習していきましょう。

白チャートレベルでも合格は狙える

全体的には白チャートレベルがメインで、それを少し超える問題も出題されています。

満点レベルを目指すのであれば黄色チャートのレベルが必要ですが、合格最低点程度の得点率を狙うのであれば、白チャートレベルでも十分です。

自分の他の志望校を考えたときに、文系がメインの生徒や看護がメインの生徒は白チャートや基礎問題精講、ニューアクションγなど、基礎レベルの問題集を使うことをおすすめします。

総合的に見ると数Aの優先順位が高い

数Aは大問に出る可能性がそこそこあり、同時に小問集合でもよく出てきます。
特に、確率。

全体のどこかで出題されますし、他の大学でも超頻出分野です。

数Ⅱの計算、微積が最優先事項ですが、その次がこの確率といえるでしょう。
そしてそれに次いでAの整数の性質、Bの2分野(ベクトルと数列)の順番で勉強しましょう。

まとめ

  • 白チャートレベルをメインの問題集にしよう
  • 大問ではやっぱり微積(数Ⅱ)
  • 数学は基礎公式が何よりも大切

早慶上理に合格するための家庭教師なら → こちら