鹿児島大学の獣医学科を徹底分析 | 獣医学科ならプロ家庭教師のロジティー

鹿児島大学の獣医学科に合格するのための基本情報

鹿児島大学は、鹿児島県の国立大学。

共同獣医学部の中にが存在し、獣医師になるための第一歩となります。
山口大学との共同獣医ともなっています。

他の獣医学科との比較は → こちら

獣医学部や農学部以外にも医学部や工学部など合計で9学部存在しています。

お隣の宮崎大学は水産資源の学科がありましたが、鹿児島大学には水産学部という学部の形で存在しています。

日本で最も南にある獣医学科

現在、いわゆる獣医学科には国立が10校、公立は1校、そして私立は6校となっています。

私立では滑り止め受験や複数校の受験が可能なので倍率が高いです。

鹿児島県は、黒豚のイメージが強い通り、豚畜産農家の件数が日本で1位。
また、肉用牛でも非常に有名であり、種ケ島は子牛の市場があることでも有名です。
さらにブロイラーの飼育数も2位(1位宮崎、3位岩手)。
そんな畜産県である鹿児島だからこそ国立獣医があるのも十分理解できます。

また、人口1万人当たりの獣医師数も2012年統計で1位(2位は北海道で3位は宮崎)。
牛・豚・鶏の生産では、宮崎と合わせて中心といえます。

水産学部があることからもわかりますが、水産資源も非常に豊富。
ブリの養殖でも高い知名度があります。

難易度と偏差値

獣医学科でいうと、国立大学の中では比較的難易度が高くないといわれています。
ですが、国立獣医はどこも難しく、差が小さいので基本的には非常に難易度が高いという認識であっています。

偏差値でいうと62~64程度です。
(偏差値は計算式があり、ベースとなるデータによって変動があります。本ページ記載の合格最低点や共通テスト・センター得点率目安を基準にされるのがおすすめです。)

アクセス

鹿児島中央駅から大学のキャンパスまでバスもあり、徒歩でも20分ほど(1.7km)です。
鹿児島中央駅は鹿児島でも最大の駅で、九州新幹線も停まります。
鹿児島駅よりも鹿児島中央駅の近くの方が栄えてますし、利便性も高いです。

そこから徒歩でも十分行けるので、かなり便利ですよね。
鹿児島中央駅から、南九州で最大ともいわれる繁華街の天文館も、鹿児島中央駅から電車で15分程と近いので、普段の生活する分には十分だと思います。

立地

住所 : 鹿児島市郡元1-21-24

鹿児島大学には3つのキャンパスがあり、共同獣医学部があるのは、メインの郡元キャンパスとなっています。
ここには他にも農学部や理学部、教育学部などがあります。

水産学部は他のキャンパスなので注意が必要です。

試験に関して

科目別の試験分析や勉強法は後に公開予定です

他の獣医学科との比較は → こちら

試験科目と配点

前期試験は

共通テストが900点満点
2次試験(一般個別試験)が600点満点

の合計1500点満点です。

共通テストへの不信感か、以前より2次試験比率が高まりました。

共通テスト

いわゆる5教科7科目9000点のスタイル
理科は基礎科目の選択はできません。

【国語】国語(200)
【数学】数I・数IA・数II・数IIBから2(200)
【理科】物・化・生・地学から2(200)
【外国語】英・独・仏・中・韓から1[リスニングを課す](200[40])
【社会】世B・日B・地理B・倫理・政経から選択(100)
 理科は,基礎科目の選択不可、社会は地歴公民から1つ選択


また、数学はⅠやⅡのみも選択できるのは大きな特徴です。
英語はリーディング160点、リスニング40点とセンター試験時代と同じ比率です。

ただし、2次試験にA やBが入っているので、結局数学はⅠAⅡBすべてを勉強する必要があります。

2次試験

2次試験は、英語と数学と理科の3科目
数学は数Ⅲがなく、理科は1科目選択になります。
各200点なので600点満点となります。

2教科(600点満点)
【数学】数A・数II・数B(数列・ベクトル)(200)
【理科】物理・化学・生物から1(200)

特徴としては数学Ⅰがないことです。

ただし、多くの獣医学科の2次試験では、数学Ⅰの範囲のみの問題はほぼないので、気にする必要はないでしょう。

後期試験は共通テスト+面接

2022年から後期試験の定員が2人減り、定員2名となります。

一方で総合型(自己推薦)の枠が2人増えて6名となります。

センター試験時代と比べて、後期試験の配点が大きく変わり、前期と同様の共通テストが必要になります。

共通テスト
前期と同様の5教科7科目900点

個別学力試験 学科試験なし(200点満点)
【面接】(200)

合格最低点

共通テストになった影響で、配点が1400点満点から1500点満点にかわり、

共通テスト(センター試験)と2次試験の比率も

10:4 → 9:7

へと変わりました。

センター時代はセンター試験82~83%が目安でした。

データが不十分ですが、今後も共通テストは80~85%の間が目標でしょう。

共通テスト比率が下がりましたが、77%くらいが現実的に合格を狙えるギリギリのライン。
75%程度で浪人覚悟のチャレンジ。
72~73%では、5年に1人合格者がいるかどうかでしょう。

定員

定員は30人。

国公立獣医の中では平均くらいです。
前期は22人で、後期は2人、推薦が6人となっています。

浪人していて、絶対獣医に合格したいという人はぜひこちらからご連絡ください。

学費

学費は6年間で350万円程度が目安です。
国立大学は学費や入学金が全国で一律であり、学部や学科が異なっても費用が同じです。

上記の学費以外に当然ですが生活費がかかります。
ですが、一人ぐらいし費用は

6年間の学費は、大阪府立大学が500万円弱、私立が1300万円程度なので費用的にはかなりの差があります。
この費用負担の差も、国立大の人気が高い大きな理由です。

実際にはさらに教科書代が年で3~10万円程度はかかります。

国立大獣医出身のプロ家庭教師の指導に興味がある方は → こちら 

よくある質問・料金などは → こちら

他の記事一覧は → こちら

コメント

  1. […] 山口大学の獣医学科は、鹿児島大学の獣医学科と共同獣医となっています。 […]