東京理科大学の薬学部を徹底分析 | 薬学部ならプロ家庭教師のロジティー

東京理科大学の薬学部

東京理科大学は、私立理系大学の最高峰ともいわれる1校。

工学部や理工学部に加えて、
経営学部も保有しています。

薬学部では、慶応に次いで日本の私立大学で2位の高偏差値。

高難易度から非常に人気となっています。

東京理科の薬学部分析 → 数学分析 化学分析

東京薬科大学分析 → 基本情報 数学分析 

他の大学分析は  → こちら

学科

東京理科大学の薬学部では、

薬学科(6年制)
生命創薬科学科(4年生)

の2学科があります。

アクセス

理科大のメインキャンパスは、東京のど真ん中。

飯田橋・神楽坂エリアです。

薬学部は、都心から少しはなれた、埼玉県の野田市にキャンパスがあります。

住所:千葉県野田市山崎2641

試験に関して(定員・試験科目・配点)

メインである学部入試には、

A方式(大学入学共通テスト利用入学試験)
B方式(独自入試)
C方式(共通テスト + 独自試験)

の3つが中心になります。

他にも英語資格試験を利用したものや、各種推薦があります。

入試科目

A方式(共通テストのみ)

【国語】現代文 + 古文 + 漢文  200点
【数学】ⅠA・ⅡB        200点
【英語】リーディング150点、リスニング50点   200点
【理科】化学・生物・地学・物理から1つ選択   200点

B方式(理科大の独自試験のみ)

【英語】      60分・100点
【数学】ⅠAⅡBⅢ 100分・100点
【理科】化学のみ  80分・100点

C方式(独自試験 + 共通テスト)

共通テストは国語と英語

【国語】現代文 + 古文 + 漢文       100点
【英語】リーディング75点、リスニング25点 100点

独自試験は理系の数学と理科

【数学】ⅠAⅡBⅢ            100分・150点
【理科】化学・生物・物理から1科目選択 100分・150点

定員

  A B C
薬学科 15 40 10
生命創薬科学科 15 40 10

合格最低点

薬学科

薬学科では、

共通テストの科目は83~90%
独自試験は65%前後

が目標点になります。

A方式

650~690点(82~86%)

B方式

180~210点(60~70%)

C方式

390~430点(78~85%)

生命創薬科学科

生命創薬科学科では、

共通テストの科目は80%前後
独自試験は60%前後

が目標点になります。

A方式

630~660点(78~83%)

B方式

165~200点(55~67%)

C方式

360~400点(72~80%)

学費・男女比・現役浪人比

学費は、

初年度は234万円(薬学科)、
190万円(生命創薬科学科)

となります。

これは入学金(30万円)を含んだ金額。

薬学科は6年間でだいたい1200万円超かかります。

男女比

男女比はだいたい5:5

半分が男子生徒で、半分が女子生徒です。

薬学部は一般的に約7割が女子生徒と、女の子の多い学部。

理科大は、非常に男子率の高い薬学部といえるでしょう。

現役・浪人比

理科大の薬学科では、

現役生が6~7割
浪人生が3~4割

となっています。

だいたい3人に一人は浪人生。

薬学部の中では非常に難易度が高いこともあり、浪人率は少し高めとなっています。

理系の難関大は浪人率が高いのが一般的であり、
理科大の他の学部学科ではさらに浪人率が高くなっています。

現在の学力にもよりますが、1浪で理科大の薬学部は、非常に優秀といえるでしょう。

薬学部に合格するためのプロ家庭教師の指導は → こちら

他の記事一覧は → こちら

よくある質問・料金などは → こちら