杏林大学の保健学部看護学科の英語を徹底分析 |看護学科ならプロ家庭教師のロジティー

杏林大学の保健学部の英語  

文法問題分析

長文分析

対策・勉強法

まとめ

看護学科の英語

英語は看護学科はもちろん、保健学部のすべての学科で必須科目となっています。
杏林大学に限らず、看護学科では英語が必須科目のことが多いので、看護学科を目指す生徒で英語の勉強は必ず必要となります。

一般試験での配点は150点。制限時間は70分。
全体の満点が300点なので、半分が英語になります。
英語で高い点数を取れれば、他の理系科目での点が低くても十分に合格が狙えるので、しっかりとした対策を行いましょう。

杏林大学保健学部分析 → 基本情報 数学分析 理科(生物・化学)分析

看護学科分析 → 北里大学 慶應義塾大学 上智大学 その他の大学分析 

最初の2つは文法問題

大問1はベーシックな4択の文法問題が15問出題されます。
後半の5問程度は会話文形式になっており、気軽な会話表現も簡単に対策をしておくとさらに有利になります。

大問2は、並び替えが5問。
4問は一般的な並び替えで文章を完成させる問題ですが、最後は会話文の流れがあり、そこで文を作る問題となっています。
並べ替えは難易度が高いですが、日本語訳がしっかりついているので取り組みやすくなっています。

看護としては一般的な難易度

文法の難易度としては基礎分野が中心。
センター試験より1~2ランク難しくないので、基礎をしっかり固めることが最重要となっています。

看護はどこも基礎が重要です。

長文も2つ

看護系の英語では文法比率が高く、長文が1つの大学も少なくありませんが、杏林では長文が2つ出ます。

1つ目の長文が700語程度、
2つ目の長文が500語程度の長さ。

一部異なる部分もありますが、大半が内容理解に関する文章なのも特徴となっています。

1つ目の長文は総合力

最初の長文は、入試にとってメインであり、王道の出題形式。
最初に発音があり、空欄補充があります。

中盤以降は基本的に内容理解となっているので、配点を考えると内容理解の対策の方が重要です。

空欄補充は接続詞が圧倒的に多く、対策がしやすいです。
もちろん、前置詞や慣用表現、イディオムなども出題されますが、どれも基本的。
大問1,2で十分だと思います。

長文内容は医療系のことが少ないので、医療系だけでなく幅広く勉強を進めましょう。
演習の際には文系の長文も必ず読んでおきましょう。

2つ目の長文も医療系とは限らない

2つ目の長文も難易度は1つ目と同じくらいです。

また、すべての問題は内容理解に関するものです。
看護で内容理解が多く出るのは、難易度が高くなりすぎるので避けられがちですが、杏林では3択問題にすることで解決策としています。

長文自体も長くなく、読みやすい文章になっているので、
読解速度に自信がない生徒は、早めに取りくむのもよいでしょう。

対策・勉強法

どこでも言っていますが、最重要なのは英単語です。
これは文法問題でも長文でも同じ。
まずは単語の徹底から始めましょう。

文法は典型問題が大事

文法問題は標準レベルを超えてくると、例外的なものや、イディオムを大量に覚える必要性が高まります。
しかし、杏林の看護ではそのレベルは不要。
中学~高校1,2年までに習うような典型的パターンをしっかり覚えるだけで対処できます。

だからこそ、学校で勉強するような基礎的な問題集を何度も繰り返し練習し、9割以上解けるようになっておきましょう。

長文対策は基本に忠実に

看護の長文だと、医療系の文章が出る大学が多くなっています。
しかし、杏林はそうとは限りません。

医療系の単語は余裕があれば、勉強しておきたいところですが、重視すべきは普通の単語。
センターレベルの英単語帳をしっかり1冊は覚えきりましょう。

長文練習は1文和訳から

内容把握の問題が多く、時間は70分としっかりあるので、ちゃんとした和訳力があるほど有利になります。

英語が難しいから、得意じゃないからと、小手先の楽にできそうな方法を選択してしまいがちです。
英語で点が取れていない人ほど、ちゃんとした勉強法を実践してください。
英単語さえ覚えていれば、半年で合格点が取れるようになります。

300語程度の入試入門編の長文対策を中心に、しっかり和訳できる練習をしましょう。
まずは全文和訳にチャレンジしてみて、自分の和訳力を試すのも有効です。

まとめ

  • 基礎単語が最重要
  • 文法は基礎レベルをやりこむ

看護学科に合格するための家庭教師なら → こちら