工学院大学を徹底分析 | 四工大ならプロ家庭教師のロジティー

工学院大学の基本情報  

試験に関して(試験科目・配点)

合格最低点・得点目安(一部抜粋)

学費

工学院大学の基本情報

現在、新型コロナウイルスの状況下ですが、

大学では、
HPを使ったwebでのオープンキャンパスや研究室紹介はもちろん、
Web個別進学相談なども実施しています。

大学からの情報は大学の公式HPをご覧ください。

東京電機大学、芝浦工業大学、東京都市大学と合わせて、四工大といわれることもあります。

工学院大学の入試分析 → 英語分析 数学分析

学部紹介

工学院大学は一般的な工業大学にある4学部が存在しています。

「先進工学部」

工学部とありますが、理工学部に近く、生物系の生命科学科、化学系も2学科を含める5学科があります。
中でも、応用物理学科は50%を超える高い大学院進学率をほこり、生命科学科も40%以上。
この2学科は工学院大学でもとびぬけています。

↓ 他の塾との比較も是非してみてください

「工学部」

機械工学科、機械システム工学科、電気電子工学科の3学科。
工学系の大学としてもっとも王道な学部といえます。
ロボットや自動車、ARや電気システムはこの学部です。

「建築学部」

まちづくり学科、建築学科、建築デザイン学科の3つの学科があります。
人気が高まっている学部であり、合格最低点が工学部と並んで最も高い学部です。

「情報学部」

情報通信工学科、コンピュータ科学科、情報デザイン学科、システム数理学科の4つの学科があります。
1年を4期に分けるクオーター制を導入牛最初の1年半は全学科で同様であり、2年次の第3クオーターから学科ごとの個性が出てきます。

アクセス

工学院大学には都内に2つのキャンパスがあり、その間をシャトルバスが運行しています。

基本的に1,2年次は八王子、
3,4年次は新宿キャンパスとなりますが、研究室所属になると4年次でも八王子がメインになる生徒もいます。

新宿キャンパス

住所:東京都新宿区西新宿1-24-2
最寄り駅:新宿駅から徒歩5分、都庁前駅から徒歩3分、西武新宿駅から徒歩10分

八王子キャンパス

住所:東京都八王子市中野町2665-1
最寄り駅:八王子駅、京王八王子駅からバスで20~25分

試験に関して

工学院大学工学院大学には、

S日程(1月上旬の早期日程)、
A日程(募集人数が最も多いメインの入試)、
B日程(中期日程:2月 1日~15日)、
M日程(後期日程:2月16日~3月1日)、
英語外部試験利用日程、
大学入学共通テスト利用試験、

などがあります。

一般入試(S日程、A日程)

試験科目は私立工学部では標準的な、3教科3科目です。

【英語】(リスニングなし)
【数学】ⅠAⅡBⅢ (先進工学部の一部と建築学部はⅠAⅡBも選択可)
【理科】物理・化学から1つを選択 

各科目100点満点の合計300点満点となります。

ただし、
先進工学部の応用物理学科は理科は物理のみ。
先進工学部の他の学科は理科は物理・化学・生物から1つ選択

建築学部(S日程)は理科3科目もしくは国語から選択することになります。
建築学部(A日程)は、英語・数学・理科・国語の4教科から3教科選択します。

大学入学共通テスト利用入試(前期)

基本的には英数理の3教科3科目ですが、
建築学部は理科の代わりに現代文と社会(地歴公民)を選択することもできます。

【英語】リスニングあり 200点換算(リーディング150点、リスニング50点)
【数学】ⅠA・ⅡB 各100点
【理科】物理・化学から1つを選択 200点(先進工学部の一部では生物選択もできます)

建築学部は理科の代わりに国語(現代文)もしくは社会(地歴公民)にすることもできます。

後期では、定員も少なく、科目や配点も学科によって異なるので公式HPを確認をしてください。

合格最低点

学部学科によって変化はありますが、S日程、A日程で狙うは大体60~66%(180~200点/300点満点)になります。

特に
工学部では機械工学科、機械システム工学科、
建築学部の全学科では高い得点率が必要とされ、70%程度(200~215点)程度が必要になります。

一方で情報学部では200点を超える学科はほぼないので、工学院大学の中では入りやすいといえますが、学部ごとで極端な差はありません。
どの学部、学科でも一定の学力は要求されます。

どの学部学科を目指すにしても65~70%を一つの目安としましょう。

学費

2020年4月に入学した学生では、4年間で、608~616万円かかります。

初年度は約170万円(入学金25万円ふくむ)。
先進工学部は他の3学部より年間2万円高くなっていますが、ほぼ同額となっています。

綿密な大学分析に基づいた指導なら → こちら

全記事一覧は → こちら