立教大学の理学部に合格する方法 | GMARCHならプロ家庭教師のロジティー

立教大学理学部の基本情報  

試験に関して(定員・試験科目・配点)

合格最低点は非公表

男女比・浪人比・学費

立教大学の理学部に合格するのための基本情報

理学部は基礎科学を中心にそこから発展する分野。
まさに理系の根底をさせる学部といえます。

また、立教大学では「サイエンスコミュニケーション」という自分たちの専門知識をいかに多くの人に伝えるのか。という教科を理学部共通教育科目の一つとしています。

コミュニケーションは今まで文系学部での注目度が高かったですが、現在は文理融合の時代。
コミュニケーションの重要性は特に理系で高まっています。

理学部には「数学科」、「物理学科」、「化学科」、「生命理学科」の4学科があります。

立教大学理学部 → 英語分析 数学分析 化学分析 生物分析

他の理学部・理工学部分析 → 学習院大学 中央大学 上智大学 その他の大学分析 

一般選抜の英語で大きな変化

2020年1月から始まる試験では、学部別入試が廃止され、全学部入試のみとなりました。

さらに最大の変化は英語です。

一般入試での試験科目での英語は、立教大学では行いません。
(文学部のみ個別の英語試験あり)

代わりに、
大学入学共通テストの英語の点数
英検やGTECなどの資格試験の点数

のどちらかを利用することになります。
ただし、複数スコアも提出ができるようになっています
(共通テストも英検もどちらも提出できる)

理学部はチャンスが少ない

受験機会は文学部6回、その他の学科5回となりますが、
理学部のみ2回と圧倒的に少なく設定されています。

そもそもGMARCHは文系が多く、理系学科が少ないことが要因でしょう。

進路を考える際に、理系だからGMARCHではなく四工大や早慶という選択肢のみを持たず、GMARCHも選択肢にいれて、慎重に考えることをおすすめします。

アクセス

住所:東京都豊島区西池袋3-34-1
最寄り駅:池袋駅(JRの山手線、埼京線他)、要町駅から徒歩7分

立教大学には理学部などがあるメインの池袋キャンパスと、埼玉県の新座キャンパスの2つがあります。
中学や高校もどちらにもあることでも有名です。

池袋駅は東京でも屈指の巨大駅であり、埼玉県からのアクセスが非常にいいことでも有名で、埼玉の実家から通う生徒も多いです。

大学での勉強はもちろん、バイトや遊びにも最高の環境といえます。

試験に関して

立教大学には、

一般入試
大学入学共通テスト利用入試

があります。

そして、特別入試として指定校推薦や帰国生、社会人入試など幅広い入試体系があります。

ここではメインである一般入試と大学入学共通テスト(旧センター試験)利用入試を中心に扱っていきます。

一般入試

昨年と比較して、定員がほぼかわっていません。
これは全学部日程と個別学部日程が混ざったことが要因です。

また、一般入試の英語は、共通テストもしくは英検などの資格試験の利用が必須になっており、立教大学での英語試験はありません。

その分、英語の配点比率は高くありません。

数学科 40名

【英語】資格試験 もしくは 共通テストの英語を利用 100点
【数学】ⅠAⅡBⅢ 90分 200点
【理科】物理・化学・生物から1科目選択 75分 100点

物理学科 45名

【英語】資格試験 もしくは 共通テストの英語を利用 60分 100点
【数学】ⅠAⅡBⅢ 75分 150点
【理科】物理 90分 150点

化学科 47名

【英語】60分 100点
【数学】ⅠAⅡBⅢ 75分 100点
【理科】化学 90分 150点

生命理学科 42名

【英語】60分 100点
【数学】ⅠAⅡBⅢ 75分 100点
【理科】物理・化学・生物から1科目選択 90分 150点


物理学科は理科は物理のみ、化学科は化学のみとなっています。

大学入学共通テスト利用入試

外国語(英語)はリスニング利用ありです

数学科 11名

4科目型

【英語】200点
【数学】ⅠAⅡB 計200点
【理科】物理・化学・生物から1科目選択  200点

6科目型

【英語】200点
【国語】現代文のみ 200点
【数学】ⅠAⅡB 計200点
【理科】物理・化学・生物から2科目選択 計200点

物理学科 14名

4科目型

【英語】200点
【数学】ⅠAⅡB 計200点
【理科】物理・化学・生物から1科目選択  200点

6科目型

【英語】200点
【国語】現代文のみ 200点
【数学】ⅠAⅡB 計200点
【理科】物理は必須 化学・生物・地学から1科目選択 計200点

化学科 10名

4科目型

【英語】200点
【数学】ⅠAⅡB 計200点
【理科】物理・化学・生物から1科目選択  200点

6科目型

【英語】200点
【国語】現代文のみ 200点
【数学】ⅠAⅡB 計200点
【理科】化学は必須 物理・生物・地学から1科目選択 計200点

生命理学科 14名

4科目型

【英語】200点
【数学】ⅠAⅡB 計200点
【理科】物理・化学・生物から1科目選択  200点

6科目型

【英語】200点
【国語】現代文のみ 200点
【数学】ⅠAⅡB 計200点
【理科】物理・生物・化学から2科目選択 計200点

合格最低点

立教大学では合格最低点は公表されていません。

男女比・現役浪人比・学費

男女比は学科によって大きく差があり、その傾向は他の大学と似ています。

生命科学科は大体半々。
年によっては女子が多いこともあり、理系でも屈指の女子比率があります。

逆に女子が少ないのは物理学科。
85~95%程度は男子生徒になります。

そして数学科は物理学科に続いて男子生徒が多く、男子率が75~85%ほどあります。

化学科は理系としては一般的な男女比率で7割程度が男子です。

これくらいは大学としても十分な女子率があるといえるので、男子生徒はもちろんですが、女子生徒も楽しめると思います。

また、立教はもともと女子生徒人気が高いです。
日本女子大など、理系学部がしっかりある女子大がありますが、立教の理学部はリケジョにとっては候補に入れやすい大学といえます。

浪人率

現在の立教大学は浪人率のデータを公表していませんが、以前は公表していました。

理学部は30~40%程度。
立教大学の中でも最も浪人率が高く、他のGMARCHでも理学部や理工学部で30~35%くらいは浪人生です。

立教はGMARCHでも難易度が高いので、現在も理学部であれば4割弱が浪人生でしょう。
2浪以上で入る生徒も一定数いると思われます。

学費

4年間合計で、約650万円。

実際には実習などで10~20万円くらいの差があります。
数学かは実験・実習費がかからない分、他の3学科より若干安くなっています。

初年度が約180万円(入学金20万円含む)
(数学科:約175万円、物理学科・化学科:約179万円、生命科学科:約183万円)

他の文系学科と比較して、実験・実習費用が加算されており、同時に授業料も高くなっています。
理系学科は専門機械や実験のための施設、薬品や器具といった消耗品もあるので、文系学科と比較すると納入金は高くなります。

偏差値40からGMARCH合格を目指すなら → こちら

コメント

  1. […] 立教大学理学部 → 基本情報 数学分析 化学分析  […]

  2. […] 立教大学理学部 → 基本情報 英語分析 数学分析 生物分析  […]