青山学院大学の理工学部を徹底分析 | 青学ならプロ家庭教師のロジティー

 

青山学院大学の理工学部

青山学院大学の理工学部には、
物理、化学、数学、生命科学、工学、電気電子といった、
一般的な理工学部にある学科はもちろんあります。

さらに、経営システムに関する学科が文系に強く幅広い人材を目指す青学らしさだと思います。

専門家として専門分野を一つもちつつも、経営視点専門外の感覚も持ち合わせている人材は貴重であり、社会に出たときに求められる能力といえるでしょう。

GMARCHの理工学・生命科学 → 明治大学 立教大学 学習院大学 中央大学 法政大学 その他の大学分析 

四工大分析 → 芝浦工業大学 東京都市大学 工学院大学 東京電機大学

学科

物理科学科
数理サイエンス学科
化学・生命科学科
電気電子工学科
機械創造工学科
経営システム工学科
情報テクノロジー学科

アクセス

相模原キャンパス(理工学部、社会情報学部、他)

住所  :神奈川県相模原市中央区淵野辺5-10-1
最寄り駅:淵野辺駅(JR横浜線)

青山キャンパス

文学部・経済学部・法学部、他

住所  :東京都渋谷区渋谷4-4-25
最寄り駅:渋谷駅、表参道駅

試験の種類と定員

入試では主に、

一般選抜(個別学部日程。A日程とB日程がある)
一般選抜(全学部日程)
大学入学共通テスト利用入学者選抜

の3つがあります。

さらに推薦などの選抜があります。

定員

  A日程 B日程 全学部 共通テ
物理科 35 28 12 8
数理サ 20 13 6 4
化学・生命 50 20 13 10
電気電子 40 20 13 10
機械創造 40 20 15 10
経営シ 35 23 10 10
情報テ 35 20 10 10

入試科目と配点

個別学部日程

A日程は独自問題で英語・数学・理科があり、
B日程は数学と理科が独自問題。加えて英語・数学・理科の共通テストも利用します。

A日程

どの学科も共通して、

英語(  80分、150点)
数学(100分、150点)
理科(  80分、150点)

となっています。

英語

英語は全学科で同じです。

数学

数学も全学科で共通、 数ⅠAⅡBⅢ となっています。

理科

理科の選択科目は学科ごとに微妙に異なります。

以下の条件から1つ選択します。

物理科学科      物理のみ
数理サイエンス学科  物理or化学
化学・生命科学科   化学
電気電子工学科    物理or化学
機械創造工学科    物理or化学
経営システム工学科  物理or化学
情報テクノロジー学科 物理or化学

B日程

共通テストは、

英語(リーディング・リスニング合わせて100点)
数学ⅠAⅡB(60点)
理科(60点)

青学の独自試験は、

数学(100分・140点)
理科(  80分・140点)

となります。

理科は、共通テストも独自試験もA日程と同じ選択肢から1科目ずつ選ぶことができます。

ただし、
化学・生命科学科のみ 共通テストは、
物理or化学or生物 から一つ 独自試験は化学を受験することになります。

全学部日程

全学科共通で

英語(80分、150点)
数学(70分、150点)
理科(60分、100点)

数学はⅠAⅡBⅢ
理科は物理or化学 ですが、物理科学科のみ物理が必須で化学は選択できません。

共通テスト利用

英語・数学・理科の3科目で各200点

理科の利用はB日程の共通テストと同じです。

合格最低点

合格最低点は学科ごとに異なります。

掲載しているのはあくまで目安です
(2019の試験は極端に合格最低点が高くなったので、より実用的な数値に計算しなおして掲載していますので、実際の合格最低点と少しだけずれています)

物理科学科と数理サイエンス学科は2020年まで同一学科であったため、まとまっています。

共通テストは2021年の前回テストが最初であったこともあり、掲載しません。

大雑把な得点目安

A日程  :6割前後
B日程  :6~7割
全学部共通:7割前後

学科比較した難易度

難易度としては

情報テ > 機械創 > 経営シ=物理 > 化学生命=電気電

のイメージです。 ですが、

合格最低点の学科差は小さいです。

学科別合格最低点の割合(%)

  A日程 B日程 全学部
物理(数理) 55~67 63~71 66~73
化学生命 56~63 61~67 68~76
電気電子 57~65 57~66 64~73
機械創造 60~68 61~68 70~76
経営シス 59~67 61~69 72~77
情報テク 62~70 65~71 72~76

保護者の方へ

GMARCHは大学としての知名度が高く、幅広い就職を考えるのであれば非常に有効です。

一方で理系としてより専門性を高めることを考えると四工大も選択肢に入れてほしいと思います。

B日程は共通テストもあるので、国公立とGMARCHをどちらも受験する学生には使いやすく、 早慶も受験する生徒と勉強法がかなり違います。

青学は難易度も高く、闇雲に勉強しても合格は非常に難しいです。

いいサポートを保護者の方がしてあげてください。

偏差値40台からGMARCH合格を目指すなら → こちら

よくある質問・料金などは → こちら

他の記事一覧は → こちら