【数学】偏差値60の高校に入るための中学生の勉強法 | 埼玉県・東京都の高校入試ならプロ家庭教師のロジティー

数学で偏差値60を目指す5つのポイント

今回の記事では、数学編です。

他の科目は → 英語編 国語編 理科編 社会編

例として東京と埼玉をあげていますが、日本全国での偏差値60を基準としています。

どこの都道府県に住んでいても、偏差値50~57くらいから、偏差値60を目指したい生徒
またはお子さんに偏差値60を目指してほしい保護者の方が対象です。

偏差値60くらいの学校を半年~1年後の受験で狙う生徒を対象としています。

つまり、偏差値が50(平均点)くらいあれば、1年真面目かつ非常に効率的に勉強すれば狙えるレベルです。

偏差値が3でも変わると、進路に対する考え方が変わってくるでしょう。

偏差値50と60の違い

数学の偏差値を60にするためには、

  1. 基礎計算の正確性
  2. 公式を暗記するのではなく理解する
  3. グラフの意味と数式をつなげる
  4. 文章題には数学より国語で解く
  5. 図形は公式の意味を理解する

という5つのポイントを3つはクリアする必要があります。

ちなみに5つすべてをクリアすれば偏差値65以上も十分に可能です。

偏差値50くらいの生徒は、この5つのポイントのうち、ほぼ完ぺきになっているポイントは1つあるかないかでしょう。
理解度を高める基本トレーニングも非常に有効です。

目指す高校としてはどれくらい?

偏差値60くらいの高校は、

東京では、上野、小平、駒込、三田国際、清瀬、東洋女子・・・
埼玉では、浦和実業、春日部東、越谷南、川口市立、上尾、春日部女子・・・

といった感じです。

埼玉県公立高校入試 → 英語 数学 国語 理科 社会

埼玉県の学校選択問題分析 → 英語 数学

都立高校対策 → 英語 数学 国語 理科 社会

もちろん、コースなどによっても変わりますので、あくまで目安です。

大切なのは目指したい・興味がある、という気持ちです。

  

偏差値60ってどれくらい?

偏差値60は、東京や、中学受験が盛んなエリアの埼玉・神奈川・千葉の公立中学であれば、
クラスで2~6位くらい(35人クラスを想定)

定期テストの点数だと、平均点より15~20点くらい上の70~80点くらいです。

ただし、数学は学校によって平均点の差が大きいので、全国模試などを受けるのがおすすめです。

高校入試用と学校のテスト用は違う

高校入試対策として重要なのが復習です。

具体的には1,2年生で行った計算の復習が必要です。

  • 正負の数
  • 文字の計算と移項
  • 1次方程式
  • 連立方程式

といった超基礎の計算は、100問解いたら98問くらいは当然のように正解できなければ次に進めません。
同時に計算ミスを起こす自分の癖を知ることで、さらなる能力向上に役立ちます。

ワークは学校レベルで大丈夫

できれば中2の冬休み~中3の春休みの期間で、徹底的に計算の復習をしましょう。

レベルは学校のワークで大丈夫です。

ほかにも

「ニューコース問題集」
「中2の総復習」
「ひとつひとつわかりやすく」
「計算力トレーニング」

     

などなど、なんでも構いません。

復習ですので、ある程度解ける問題が多いかと思います。
毎日〇ぺージと分量を決めて、2~3回くりかえすのが理想的です。

公式暗記からの脱却

新しい単元を習うと、
「公式を覚えましょう」
という学校の先生が多くいます。

決して間違った指示ではありませんが、
不十分な指示です。

偏差値50以下、つまり平均点が取れていない生徒は、
間違いなくこの指示に従いましょう。

しかし、これから偏差値60を目指すのであれば、公式は理解しましょう。

そして、理解しようと努力すれば、気が付いたら覚えています。

公式理解は難しくないが、一人では難易度が高い

公式理解は、もともと思考力の高い生徒は自然と行っています。

また、学校の授業でも実は扱っているケースが見られます。

自分ひとりで発見できることもあるでしょうが、現時点で平均点程度の子がいきなり実行することは難しいです。

だからこそ保護者の方が教えるなり、学べる環境を用意してあげましょう。

平面図形と図形の証明は、作図が基本

中学1年生の秋~冬に、作図で垂直二等分線や角の二等分線などを習いましたね?

それを単に手順で覚えている人は平均点レベルから脱却するのは難しいです。

そもそも、あの過程を経ると、なぜ垂直二等分線や角の二等分線ができるのか説明できますか

一つ一つの単元で習ったことを、それぞれ独立させるのではなく、重ね合わせていくことが重要です。

理解すると図形の証明が簡単になる

三角形の合同や相似、
平行四辺形であることの証明など、平面図形の証明問題が苦手な生徒は多いです。

そして、その多くは、そもそも授業で何を言っていて、
何のために「過程より」とか、
①~③より、
ということをしているのか、理解していないことにあります。

証明は計算のように公式暗記ではなく、
理解ができていないと無理です。

高校受験では、多くの学校で図形の証明があるので、
多少ひねった問題でも解けるようになる必要があります。

同時に、高校入学後を見据えて、しっかり理解をしておきましょう。

入試での作図は最低限

公立高校入試では、大問1の最後に作図が課されます。

これはパターンが決まっているので、暗記で乗り切ることができます。

しかし、偏差値60と難しいレベルを目指すのであれば、暗記はやめましょう。

理解の習慣がつけば、中3は学校のペースで間に合う

多くの生徒が中学3年生の図形で点がとれません。

しかし、じっくり分析すると、ほとんどの生徒が2年生までの理解が不十分。

早いうちに復習をきっちり行い、原理の理解に頭を切り替えていれば、中学3年生の図形問題は学校と同じペースの理解で十分に間に合います。

グラフの意味と数式をつなげる

公立・私立問わず、高校受験では2次関数の大問が100%出題されます。

偏差値60を超える難関高校の場合、ここでしっかり点を稼ぐ必要があります。

また、将来国公立大学早慶上理を視野に入れるのであれば、中学時代にこの理解を済ませておくことは必須事項となります。

1次関数と2次関数を公式ではなく、
軌跡(数式に当てはまる点の連続)として捉えられるようになりましょう。

この内容を一人で実行することは難しいです。
保護者の方がや家庭教師など、お子さんにあったサービスを活用することも考えてみましょう。

もちろん、動画など手軽にできる対策も有効です。

まとめ

  • 5つのポイントが一つも出来ていない前提から始める
  • いきなりはじめず、まずは正しい勉強方法を考え直す
  • 正解より理解を大切にする

勉強法や予定管理も合わせて本質的に勉強をすすめるためのプロ家庭教師は
→ こちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする