杏林大学の保健学部(看護学科など)を徹底分析 | 看護学科ならプロ家庭教師のロジティー

杏林大学の保健学部、看護学科に合格するのための基本情報

杏林大学は文系、理系ともにありますが、
有名なのは医学科のある医学部と、看護学科などがある保健学部です。

保健学部には

「看護学科(看護学専攻、看護用語教育学専攻)」をはじめ、

「健康福祉学科」
「救急救命学科」
「臨床検査技術学科」
「臨床工学科」
「診療放射線技術学科」
「作業療法学科」
「理学療法学科」
「臨床心理学科」

があります。

看護学科では、

看護学専攻では、看護師・保健師・助産師を目指す人のための学科で、
看護養護教育学専攻では、看護師・用語教諭を目指す人のための学科です。

杏林大学保健学部分析 → 英語分析 数学分析 理科(生物・化学)分析

看護学科分析 →北里大学 慶應義塾大学 上智大学 その他の大学分析 

アクセス

井の頭キャンパス(保健学部では看護学専攻以外の全学科)
住所:東京都三鷹市下連雀5-4-1

三鷹キャンパス(看護学科の看護学専攻、医学部)
住所:東京都三鷹市新川6-20-2

看護学専攻は三鷹キャンパス、看護養護教育学専攻は井の頭キャンパスとなっています。

両キャンパスはどちらも東京の三鷹市。
非常に近く、徒歩10分程度でいくことができます。

中央線の三鷹駅や吉祥寺駅、京王井の頭線の三鷹台駅のどこから行っても徒歩では30分程度なので、基本的には中央線の2駅からバスを使います。
また京王線のつつじヶ丘駅からも比較的近くなっています。

バスは三鷹駅、吉祥寺駅、仙川駅、千歳烏山駅、調布駅からでています。

試験に関して

試験方式は主に一般試験になります。

他にも、

総合型選抜(AO入試)
学校推薦型選抜
大学入学共通テスト利用選抜(前期・後期)
帰国子女選抜
外国人留学生選抜

があります。

定員

今回の掲載は看護学科のみですが、他の学科も
約半数が一般選抜であり、次いで学校推薦型が多くなっています。

基本は一般選抜で合格を目指すことをおすすめします。

共通テスト・帰国子女・留学生は定員が非常に少ないので注意しましょう。

  AO 推薦 一般試験 センター前期 センター後期
看護学専攻

6

32 54 3 3
看護養護教育学専攻 6 15 22 3 2

試験科目

一般試験は英語のみ必須で、他は学科によって1~2教科を選択します。
看護学科は選択が2教科あります。

面接はありません。

看護学科・救急救命学科・理学療法学科・作業療法学科

【英語】70分・150点

『国語』現代文のみ
『数学』ⅠA
『理科』物理基礎、化学基礎、生物基礎

上記から2科目を選択。
理科の2科目選択は不可

1科目75点。2科目合計で100分の150点。
マークシート形式

臨床検査技術学科・臨床工学科・診療放射線技術学科

【英語】70分・150点

『国語』現代文のみ
『数学』ⅠA
『理科』物理、化学、生物

上記から2科目を選択。
理科の2科目選択が可能。

選択科目は1科目100点。2科目合計で100分の200点。
マークシート形式

健康福祉学科・臨床心理学科

【英語】70分・150点

『国語』現代文のみ
『数学』ⅠA
『理科』物理基礎、化学基礎、生物基礎

上記から1科目を選択。

1科目75点で50分。
マークシート形式

合格最低点

看護学科の2つの専攻は、問題は基本的に同じで、看護学専攻の方が約10点ほど高くなっています。

杏林の看護は偏差値が高く難しく感じますが、正しい分析を行えば高確率で合格することができます。

現役生が部活を3年生までしていても、十分に合格を狙うことができます。

他の学科でも50~60%が合格最低点になっていることが多いです。

一般試験(看護学科の2種類)

一般試験は300点満点。

看護学専攻は180点(60%)程度
看護養護教育学専攻は170点(57%)程度

の合格点となっています。

男女比・現役浪人比・学費

看護学科は95%以上が女性。
保健学部全体で、基本的には女性がほとんどの学科が非常に多いです。

救急救命学科のみ男性が多く、
臨床工学科、診療放射線技術学科、理学療法学科は半々程度。

それ以外の学科は女性の方が圧倒的に多くなっています。

学費

看護学科をはじめ、保健学部(2学科除く)は学費が同じです。

4年間の合計で約700万円。
初年度は約200万円(入学金25万円を含む)となります。

看護学科に合格するための家庭教師なら → こちら

よくある質問・料金などは → こちら

他の記事一覧は → こちら