【商学部】慶応義塾大学を徹底分析 | 早慶分析ならプロ家庭教師のロジティー

 

慶応大学の商学部

慶応大学は、学科が1つの学部が多く、商学部も商学科のみとなっています。

一般選抜の募集は600名あり、

A方式が480名
B方式が120名

となります。

総合型はなく、指定校推薦の枠が多くとられています。

基本的には一般選抜で合格を狙いましょう。

慶応大学分析 → 経済学部 看護医療学部 学部

商学部・経済学部分析 → 立教大学 青山学院大学 明治大学 学習院大学 法政大学

慶応の商学部の特徴

経済学部は社会全体で理論的
経営学部は企業中心で実践的
商学部 は商品中心で実践的

それぞれの学部に特徴があり、慶応大学には商学部と経済学部があります。

慶応の商学部では、 独立心と実学の精神を重要としており、福沢諭吉の業績をもととしながら、成長してきました。

実践力はどの会社でも求められる要素であり、その基礎を作ることができる学部となっています。

アクセス

1,2年生は神奈川県の日吉キャンパス 3,4年生は東京都の三田キャンパス

日吉キャンパス

住所:神奈川県横浜市港北区日吉4-1-1

三田キャンパス

住所:東京都港区三田2-15-45

入試科目

入試には

A方式
B方式

があり、科目構成などが異なります。

自分の得意分野と定員、併願校の状況を見て対策を行いましょう。

  

A方式

【外国語】英語
【数学】ⅠAⅡB
【地理歴史】世界史B・日本史B・地理Bから1つ

B方式

【外国語】英語
【地理歴史】世界史B・日本史B・地理Bから1つ
【論文テスト】資料から論理力と表現力を問う

配点

ABどちらも

英語200点
歴史もしくは数学100点
小論文100点

合格最低点

偏差値が日本トップクラスの大学は、合格最低点が比較的低くなります。

商学部でも経済学部でも同様の傾向にあり、数学が入るかどうかで合格最低点が変化します。

A方式

A方式では245~270点(61~67%)程度の得点が必要になります。

だいたい3問中2問の正解比率で合格することができます。

B方式

B方式では290~320点(72~78%)程度の得点が必要になります。

文系だと苦手な生徒や、そもそも併願校まで含めて数学を勉強していない生徒もいます。

そういった生徒はA方式は最初から除外されており、勉強科目を絞れることから、B方式の方が合格に必要な点数が高くなっています。

商学部や経済学部に入るのであれば、最低限の数学力は必要ですが、入試で合格点をとる勉強と微妙に違いがあるのは事実です

。 慶応に通用するレベルの数学対策をするかしないかは、しっかり考えておきましょう。

現役浪人比・男女比・学費

商学部の現役生はだいたい6割。

浪人生の中でも1浪が3.5割、
2浪以上が0.5割くらいとなっています。

慶応大学では、どの学部でも浪人率が4割前後はあり、浪人して入学する生徒は大勢います。

慶応だけでなく、難関国公立や早稲田、上智、東京理科などは高い浪人率が普通です。

男女比

商学部ではだいたい男子が7~8割、女子が2~3割となっています。

早慶上理に合格するための家庭教師なら → こちら

よくある質問・料金などは → こちら

他の記事一覧は → こちら