【生物】北里大学の入試問題を徹底分析 | 獣医学科ならプロ家庭教師のロジティー

北里大学獣医学部の生物

理科は生物、化学、物理から1科目選択します。

配点は他の2科目と同様の100点で、時間は60分です。

獣医学科をメインターゲットとして以下の解説を行いますが、

獣医学部の他の2学科
(動物資源科学科、生物環境科学科)

と、

海洋生命科学部(海洋生命科学科)

同じ問題です。

北里大学の獣医学科分析 → 基本情報 英語 数学 化学

他の獣医学科分析は → こちら

北里大学の他学部は → 医学科 看護学科

私立獣医を目指す勉強法 → 英語 数学 生物 化学

後期がちょっと難しい

前期後期で難易度はほぼ変わらず、合わせた分析となっています。

ただし、実際には後期は出題形式に若干の変更があり、前期とは違った分野が出題される傾向にあります。

また、生物入試で重要な思考問題の比率が高く、理解を大事にしていない生徒からすると難しく感じるでしょう。

基本的には前期(Ⅰ期)で合格しなければ、後期は難しいものと考えましょう。

ジャンルに偏り

北里大学では3つの大問があり、それぞれの大問ごとに20前後の問題。

だいたい50~60問程度あります。

各大問の最初には、日本語の長文における知識の穴埋め問題がほぼ100%出題されており、
基本的な知識がしっかり頭に入っているだけで、20点くらいが取れてしまいます。

重点分野は細かく暗記

同化と異化(呼吸・光合成・窒素と硫黄など)
遺伝(メンデル、遺伝子そのもの、ハーディワインベルグなども)
細胞生物とタンパク質(転写と翻訳も含む)

といった分野は非常に頻出。

2021も遺伝のオペロンや、大学に入学すると細かく勉強するGFPに関する問題も出題されていましたし、光合成の回路も問われていました。

毎年上記の分野から2つ程度は出題されています。

この分野は特に細かい暗記が必要ですが、高校生物における難易度が高い分野でもあります。

なんとなく暗記ではのりきれません。

絶対に理解をしましょう。

理解をしなければ暗記もついてきませんし、北里の合格はもちろん、他の獣医でも合格は難しいでしょう。

出にくい分野はあるけど、結局全部必要

進化と系統の暗記中心の分野
植物の発生
遺伝の連鎖ありの計算

などは出題頻度が低いです。

しかし、大問が3つしかなく、偶然出ていない可能性が高いのも事実。

暗記の深さはそこまでではないとしても、必ず全分野は一通り網羅しましょう。

難易度は標準的だが、落とし穴もある

問題自体は標準的な難易度。

ただし、頻出分野である、
呼吸と光合成・遺伝・細胞生物などを中心に、かなり細かい知識が聞かれています。

麻布大学日本大学の獣医でもそうですが、私立獣医はとにかく暗記に偏っていて、細かい部分まで聞いてきます。

思考力より暗記力
暗記のためには理解が必要です。

単純暗記ではなく、理解に基づいた暗記を行いましょう。

計算は少ない

計算問題は全体で2問程度で、得点にして4~7点程度。

2018年や2020年はそもそも計算問題が出題されませんでした。

簡単なので出来ればとりたい

どうしようもないくらいに計算が苦手であれば仕方ないですが、
難易度は基本的なものが多く、公式にあてはめるだけの問題もあります。

正しく勉強してきた人からすると、計算は点が取りやすい問題になります。

どの分野からも可能性がありますが、遺伝系の計算が多いです。

実験問題は1問前後

事前知識がほぼ関係ない、論理的思考力を前面に出した実験問題は少なく、点数にして10点ほど。

難易度は標準的なものが多いですが、参考書に載っていない、その場でしっかり考えなければいけない実験問題も時々出題されています。

標準レベルなので、しっかり時間をかけて文章を整理し、図におこすことで、問題なく解くことができます。

逆に、単純暗記ばかりに頼っていると、こういった問題に対処できません。
最初から理解が前提という認識をもって生物を勉強していきましょう。

参考書の実験は普通に出題

ただし、教科書や参考書に書いてある有名な実験問題はふつうにバンバン出題されます。

最初に基礎知識というのは変わりませんが、実験系の知識も入れておきましょう。

対策・勉強法

北里は、生物はもちろん、他の科目においても、
とにかく王道の勉強法で、典型的な問題を多く解くことが重要です。

全体的に標準レベルが中心で、基礎レベルも少なくありません。
一方で応用レベルはほぼありません。

一つ一つの事象に対して、理解の4段階を使いながら、図を書いて、理解に基づいた暗記を行いましょう。

参考書

「生物合格77講」
「大森徹の最強講座117講」
「よくわかる生物基礎+生物」

などがいいでしょう。

とにかく何度も繰り返し読んで、図を描きながら暗記しましょう。

生物は医学系や獣医を含めた農学系、生命科学系以外では選択者が多くありません。

化学や物理に比べると参考書や問題集の種類が少なめなので、1冊で不足することがありますが、気にせず1冊をしっかり極めれば合格は間違いありません。

問題集

基礎知識を確認するような問題集としては

「シグマ基本問題集」
「リードLightノート」
「MYBEST よくわかる生物基礎+生物」

などがあります。

学校で使うような

「セミナー」
「リードα」

も非常に有効です。

自分がやりやすい基礎~標準レベルの問題集を最低でも4回は解きましょう。

北里の生物は、私立獣医の中でも暗記比率が高いです。

北里の上位合格や、さらに難しい私立獣医、国公立獣医を狙うのであれば、
論理的思考力を問うような実験問題まで網羅するといいでしょう。

その際には、理解トレーニングの考え方に沿って勉強するのがオススメです。

まとめ

  • 重点分野は細かく暗記
  • 図を描きながら勉強しよう

保護者の方へ

北里の生物を含めた理科は3科目で最も難易度が高く設定されています。

獣医学科を受験するのであれば、他の科目との時間配分や勉強方法をしっかりコントロールすることで、合格率を大きく高めることができます。

お子さんの力を正しく伸ばしてくれる先生をつけてあげてください。

獣医学科出身のプロ家庭教師の指導は → こちら

よくある質問・料金などは → こちら

他の記事一覧は → こちら