日本女子大学の理学部の生物を徹底分析 | 女子大分析ならロジティー

日本女子大学の理学部の生物  

出題範囲と難易度

実験問題と計算問題

対策(参考書・問題集)

まとめ

理学部の生物

数物科学科でも、物質生物科学科でも、理科は選択ですが、数物科学科は理科選択では生物が選べません。

ですので、学部別入試で生物が関係あるの、物質生物科学科を受験する場合のみになります。

時間が短くなり、問題変更の可能性あり

理科は2020年1月の入試では90分で3つの大問でした。

しかし、2021年から理科と数学の時間が70分になることから、問題数や出題形式に変更がある可能性があります。

大問はおそらく3つで変更なく、1つの大問当たりの問題数が少し減るかもしれませんが、
そもそも生物は時間が余る生徒が多いので、そこまで問題は変わらないと予想しています。

日本女子大の問題分析 → 基本情報 英語分析 数学分析 化学分析 

女子大分析 → 東京女子大 実践女子大 昭和女子大 津田塾大

他大学の理学系学部分析 → 学習院大学 中央大学 法政大学 他の大学分析

空欄補充と長文記述がポイント

私立大学は学部別入試でも選択式を採用する大学が多いです。

一方で日本女子大は圧倒的に記述式。
各大問の最初は必ず基本的知識の空欄補充からはじまりますし、100字を超える記述問題が出ることもあります。

空欄補充の内容は基本的知識が多いですが、
そのあとの問題で実験手技に関する知識問題を記載する問題も見られるので、
基礎知識に加えて、標準~発展レベルまで知識を蓄えておく必要があります。

当然ですが、漢字やアルファベットも正確に記載できることが最低条件。

他の私立大対策では知識から選択問題が解けることが重要視されますが、日本女子大対策では勉強方法が異なることを理解しましょう。

また、共通テスト(旧センター試験)も選択式問題なので、
共通テストも日本女子大も生物受験するならば、記載する日本女子大の方が勉強としては大変なので、
日本女子大をメインに考えて勉強を進めましょう。

記述問題は50~100字が基本

基本的に各大問の後半には記述問題が用意されています。

他の大学では「〇〇字以内で」、「〇〇字程度で」と文字数指定がありますが、
日本女子大では文字数が指定されていない問題の方が多くなっています。

語群はヒント

一部の記述問題には、使わなければいけない語句が指定されています。

語句が指定されていると書きにくい、という生徒もいますが、それは勘違いです。

語句は自らのミスに気づかせてくれる大ヒント。

しっかりと利用できるように練習すべきですし、語句が使いにくいときは自分の理解が怪しいのでは?と復習すべきサインと捉えましょう。

また、指定語句があるということは知識より理解に基づいた論理構成が採点基準になっている証拠です。
ただキーワードを並べるのではなく、反応の因果関係に注意しましょう。

実験問題対策もしっかり必要

さまざまな実験問題が出題され、表や図と合わせて出題されることも少なくありません。

また、実験手技から出題されることもあるので、ただ結果を暗記するのではなく、
なぜその手順が必要なのか?といった根本的理解を目指す王道の勉強のがよいでしょう。

出題されやすい範囲はわかっている

全範囲から比較的しっかり出題されていますが、頻出分野ははっきりしています。

細胞生物学(細胞内小器官や細胞接着など)
遺伝(全般、PCRなどの実験系も含む)
発生(特に誘導)
呼吸と光合成

この4つはどの大学でもよく聞かれますが、日本女子大では絶対に抑えておかなければいけません。
まずはこれらの分野の徹底理解から始めましょう。

こういった最頻出範囲から勉強しても合格はできません。

逆にここは全受験生がしっかり勉強していて当然の範囲なので、
むしろそれ以外の範囲から差がつくと考えるべきでしょう。

計算は少ない

標準レベルはパーフェクトに近い知識が必要であり、
記述もできるような本質的な理解が前提であり、
実験問題への理解という論理力も必要ですが、
計算は非常に限定的です。

そもそも問題数が少ないので、計算がほぼできなくても他ができれば十分に合格が狙えます。

また、難しめの計算は遺伝関連が多いので、計算が苦手でも、まずは遺伝に絞って勉強することで得点がしやすくなっています。

計算が苦手な生徒は、生物の計算問題はあとまわしで大丈夫です。

対策・勉強法

まずは徹底的に基礎~標準レベルの理解を行うことです。

特に頻出分野は必須ですが、まずは生物基礎から初めて、頻出分野の理解につなげていくのがよいでしょう。

植物関係(光合成除く)や進化は出題されないわけではないですが、出題頻度が低いようなのでまずは後回しでも構いません。

参考書(読み物)

「生物合格77講」
「よくわかる生物基礎+生物」
「大森徹の最強講座117講」

などをつかって、理解をしながらも暗記も進めましょう。

現役生であればここの暗記を高校1,2年生でどれだけ進められるかが勝負の分かれ目といえるでしょう。
逆にここが不十分であれば高校3年生になっても徹底すべきです。

浪人生では、ここの徹底ができていないのに、難しい問題集ばかりに時間をかけている生徒をよく見ます。
6月まではほとんど問題集に触れる必要がないくらい、基礎理解と暗記をしましょう。

センターや共通テストもつかえる

出題形式は違いますが、センター過去問や共通テストには良質な実験問題が多く出題されています。

また、基礎知識の復習をまんべんなく行えるので、自分の苦手範囲を浮き彫りにするにも便利です。

現役生であれば7~8月くらい、
浪人生であれば6~7月くらいに徹底してセンター過去問を15~20回くらいとくのがおすすめです。

問題集

センター演習と合わせて、基礎理解と暗記のための問題集としては、

学校でよく使われる「セミナー」や「リードα」などは非常に便利です。
また、「シグマ基本問題集」、「リードLightノート」などもよいでしょう。

秋になったら赤本を一度解いてみて、自分で出題傾向を理解しておきましょう。

その上で、ちょっと難易度が高く実験問題関連がある、
「基礎問題精講」
「チャート式生物」
「標準問題精講」
「生物の良問の問題集」
「理系標準問題集 生物」

などを使うのがよいでしょう。

個人的には基礎問題精講を1周して、しっかり解けていた場合には、次の問題集を考えるのがおすすめです。

まとめ

  • 理解をさぼらない
  • 実験問題や論理問題対策に時間を使う
  • 計算は後回し
  • 学校の問題集や共通テスト(センター)問題を上手く活用する

偏差値を大きく上げて理学部合格を目指すなら → こちら

よくある質問・料金などは → こちら