【数学】麻布大学獣医学科を徹底分析 | 獣医学科ならプロ家庭教師のロジティー

麻布の数学は私立獣医で最難関クラス  

前回は小問数が増加

確率・場合の数は必須

他の大問は難しい

勉強法

まとめ

麻布の数学は難しい

麻布大学の数学は、私立獣医でも日本獣医生命科学大学と並んで、最難関の一つといえるでしょう。
実はその難しさには偏りがあります。

麻布の獣医分析 → 基本情報 英語分析 生物分析 化学分析

他の獣医分析は → こちら

計算ミスはしにくい

最初に小問集合があり、それ以外に大問が3つ。
合計4つの大問があります。

解答方法は、すべてマークシート方式であり、分数や桁数などがわかるので、検算の必要性が薄く、計算ミスはしづらくなっています。

難易度に偏りがある

数学では、非常に難易度が高く、60分という短い時間では非常に厳しい問題と、60分でもしっかり解答すれば完答しきれる問題に分かれています。

その中で75%程度の高い合格最低点を取るのは、簡単ではない私立獣医の中でも、特に難しいです。

麻布では、図形が関連する問題の難易度は高いです。
平面図形、空間ベクトルなどは、図形が相当得意でない限り、満点はとれないものと考えましょう。
逆に微積や確率などは十分に満点が狙えます。

根本的理解度を問われる

麻布では確率の公式や、平面図形の公式、微分の公式など、それぞれの公式を暗記しているだけでは解けず、本質的な勉強を行っているのかどうかを問われる問題が、2年に1度程度は出題されています。

これは、正しい先生について、正しく勉強している生徒には普通に理解できるが、公式暗記だけの場当たり的な間違った勉強をしている生徒には、赤本の解説が理解できない問題となっています。

数ⅡBなどでは、公式の理解には時間がかかることもありますし、難易度が高くて一人では暗記に逃げる生徒も少なくありません。
理解にチャレンジして、難しく、結果として暗記するのはOKですが、安易に最初から暗記するのであれば、麻布はあきらめた方がいいでしょう。

根本理解には、時間がかかって当然。

しっかりと基礎を作ればそのあとが非常に楽になりますし、基礎がなければ非効率で学力もあがりません。
岡山理科大学北里大学などであれば、数学は暗記中心でもなんとかなります。

小問数が一気に増加

2018年までの入試では小問は5問程度でしたが、2019年入試は9問になりました。

難易度自体はこれまでより簡単になり、計算力重視の傾向が強まりました。
2018年までは、小問集合でも計算だけでなく、解答の流れを考える必要がありました。
そういう意味で、計算量が増えて、難易度が下がったので、全体としては変わらずの印象です。

問題に工夫があるのが麻布らしさという気がするので、もしかしたら2020年の入試は戻るかもしれませんね。

どちらでも満点に近いのを狙いたい

小問集合もある程度の難易度がありますが、大問よりは明らかに簡単。
逆にここで満点か、それに近い点数を取れないのであれば、大問の勉強をするのは時期尚早といえます。

確率は毎年出題

ほぼ毎年確率は出題されており、なおかつ確率のみの問題で、複合されることが非常に少ないです。

そのこともあり、圧倒的に点が取りやすく、素早く終わります。
簡単な年であれば大問1つで5~7分程度で終わります。
確率が苦手でなければ、まず確率から解答し、満点を狙いましょう。

2019年は、例年と比較すると若干確率が難しめでしたが、公式を根本から勉強している生徒には、そこまで難しくなく、取り組みやすくなっていました。

反復で上手くなる

麻布の確率は公式通りにはめ込んだら解けます。

日獣や酪農学園は確率も考えないと非常に手数が多くなり時間を浪費しやすい。
それに対して、麻布と岡山理科大学は確率ではシンプルで考えやすく、典型的なパターンが出題されます。

数学に自信がなくても、才能がなくても、努力で満点が取れる分野だと理解しましょう。
正しい先生に習えば、確率が苦手でも1ヶ月で劇的に改善させることができます。

確率以外は数ⅡBから

数Ⅱでは、三角関数、指数・対数関数、図形と方程式、微分・積分
数Bでは、ベクトル、数列の両方
が、大問で非常によく問われます。

2017年では球の空間ベクトルと連立漸化式の複合という非常に難易度が高い問題が出題されていますし、
2018年の微分の計算量はかなりのものがありました。

図形はBだけでなく、Aからもある

2018年の図形は、空間図形で正四面体と球、正八面体と球という図形の想像が難しいものでした。
問題の流れ自体は典型的であり、極端に難しいもんではありませんでしたが、ⅠAⅡBでも屈指の難易度を誇る空間図形を出してくるあたりが、麻布の難しさを象徴している問題といえました。

微分で計算量が多く、図形で想像力を使うので、60分で解答しきれた生徒はほぼいなかったでしょう。

その反動か、2019年入試では平面図形は取り組みやすく典型的。
空間図形の出題もなく、図形と方程式なども、標準的。
2016年も図形はそこまで難しくありませんでした。

小問だけで問われる分野もある

複素数や高次方程式の計算は、大問でメインで扱われることがありませんが、小問集合では出題されることがあります。
単純計算が多いですが、計算量を多くしやすく、出題しやすいので、基礎~標準レベルは何度も練習しておく必要があります。

微積は必ずとはいえない

他の私立獣医や国立獣医でも、微積の大問はほぼ確実に1つは問われます。

しかし、麻布では大問で微積がない年が存在します。(小問集合では出題)
これは大学受験の数学としてはかなり珍しいです。

ただし、6割以上は微積が出題されているので、優先順位は高く設定しましょう。
2018年入試では、微積を絡めて非常に計算が面倒なものが出題されていました。

微積に対するなれがあれば、計算量が多くても対応しやすくなります。

対策・問題集

問題集としては黄色チャートやニューアクションβなどでは不足が出ますが、青チャートやフォーカスゴールドなどはちょっと難しすぎる、というのが実情です。

青チャートなどをメインの参考書としつつ、証明や難易度が高すぎる問題は省略していくのがいいでしょう。
ただし、普通の受験生ではその線引きが難しいので、家庭教師の先生や塾などを上手く活用するのがよいでしょう。

公式は根本理解が基本

ひとつひとつの公式は、暗記ではなく理解からスタートしましょう。

公式理解をまずは行い、
青チャートなどの問題(難問などは除く)を一通り解く、
センター問題集を2~5回解く

これだけで、センター模試などは60~70%は解けるはずです。
そのレベルになるまでは、センターレベルを勉強することをおすすめします。

センター問題集は、

  1. 公式が正しく使えているか
  2. 基礎~標準レベルの計算練習
  3. マークシート式の練習

において、効果的です。

ここで基礎力を高める勉強は、麻布対策として重要です。

それ以降は、青チャートの多少難しめの問題、受験用問題集、赤本、SMARTクラスの赤本などを活用して、パターン学習を深めていきましょう。

まとめ

  • 公式は根本理解
  • センター活用はマークシート練習だけじゃない
  • 時間の都合上、安易に満点は狙うべからず

本気で獣医学科を目指すなら → こちら

よくある質問・料金・LINE指導などは → こちら