【化学】麻布大学獣医学科を徹底分析 | 獣医学科ならプロ家庭教師のロジティー

麻布の化学は生物より易しい  

難易度は標準レベル

メインは理論化学

参考書・問題集

まとめ

麻布の理科は化学がおすすめ

理科の時間は60分で、英語や数学と同様に、全編でマーク式となっています。

理科は他の私立獣医同様に1科目選択。
獣医では多くの人が生物を選択し、残りの人が化学を選択します。

物理は選択できません。

麻布の獣医分析 → 基本情報 英語分析 数学分析 生物分析 

他の獣医分析は → こちら

麻布の理科は化学が楽

麻布の生物は私立獣医でもかなり細かい暗記が要求されるので、

暗記力に自信がない人、論理力や計算が得意な人は、「化学」
暗記力に自信がある人や、数学が苦手な人は、「生物」

というのが基本でしょう。

大学では生物の方が重要性が当然高いですが、生理学や薬理学、栄養学などで化学的知識は重要です。
大学進学後の重要度で考えると生物の方がいいですが、受験での点のとりやすさでは化学に軍配があがるでしょう。

大問は増加傾向

2017年までの入試では大問は12以下で、2011年の入試では大問は9個でした。
しかし、2018、19入試では、15、16と大問がかなり増えました。

さらに、小問単位で数えても33程度あり、数年前と比べて3~4問増え、約1割の増加となりました。

ただし、簡単な問題は1問30秒もかからないので、計算がよっぽど苦手でない限り、時間が足りないということにはなりにくいでしょう。
受験では時間より、正確性の方が圧倒的に重要です。

難易度は標準レベル

問題の難易度や要求される知識レベルは標準です。
各分野で複雑で難しい問題を頑張るのではなく、まんべんなく基礎をしっかりさせることが最重要。

私立獣医に共通していますが、とにかく基礎を大切にしましょう。
難しい問題集は絶対購入してはいけませんし、難関大を目指す人と同じような勉強をしてはいけません。

自分の学力が理解できていなかったり、浪人生に多いですが、難しい問題ばかりやって、基礎が全然できていない生徒がいます。

自分を知り、基礎理解を徹底して、はじめて成功があります。

複雑性は低い

1つの大問に対して、小問が3つ程度なのでほとんどの問題が1問1答形式。
そのおかげで、工程が複雑な問題は出題されません。

理論化学における、化学平衡や気体、
有機化学における、炭化水素の推定や、芳香族の分類
といって、複雑であり、実験の途中過程を問う問題は、深い部分まで出題されることはありません。

計算も標準レベル

計算問題もある程度は出題されます。
よくある、実験の数値が具体的に提示されていて、そこから計算をしていく問題がメインですが、
麻布では、文字式のまま計算していく問題もあります。

これは、物理ではよくある出題方法ですが、化学ではあまり多くなく、麻布ならでは。
普段から文字式になれる練習をしておくのがいいでしょう。

対策としては、中学数学での文字式の計算や四則計算であったり、物理基礎の力学などの公式変形が便利です。
もちろん、化学の問題集でも文字式の計算はあるので、それが最良でしょう。

メインは理論化学

出題範囲として理論化学が5~6割、有機化学が3割前後で、無機化学は1~2割程度になっています。

他の大学では、有機化学にある程度の分量を割いてくる大学や、暗記が中心の無機化学の分量を3割程度出題してくる大学もあります。
その中で半分以上が理論化学である麻布は、理論化学が他大より多めといえるでしょう。

よって、理論化学から勉強をはじめ、理論化学に最も力をいれていきましょう。
理論化学は、特に理解が重要であり、熱化学、酸塩基、化学平衡などなど、計算や化学反応式とセットになります。

理論化学を理解するということは、化学反応式も理解し、計算もできるということです。
特に反応式は理解して作れるようになりましょう。

無機化学は捨ててもいい

どうしても時間が足りないのであれば、無機化学にかける時間は極端に削ってもいいでしょう。

大問数が多くあり、すべて選択式です。
無機化学と理論化学を複合させた問題はほぼ出題されません。

物質は理論化学で覚える

塩や酸塩基、有機化学などで出てくる物質は、当然必要です。
また、周期表の20番までは当然暗記ですが、40番までの原子はある程度は理解しておく必要があります。

参考書・問題集

理論化学が最重要であり、最後の2,3大問が有機化学。
ここは根本的な理解が必要です。

「化学が初歩からしっかり身につく」、「化学基礎をはじめからていねいに」などはシンプルで何度も読み返す参考書として非常に使いやすいです。
理解力に自信がある人ならば、独学でもなんとかなります。

また、「化学が面白いほどわかる本」や「宇宙一わかりやすい高校化学」は、イラストが多く化学があまり得意ではない生徒におすすめ。
ただし、根本的な理解を目指すのであれば、塾や家庭教師など、しっかりと化学の内容を説明してくれる先生が必要でしょう。

問題集は学校レベルが基本

問題集も基礎~標準レベルを繰り返し練習すべきです。

「リードα」や「セミナー化学」など、学校で使われている問題集を何回も繰り返すのが最初になります。
少なくとも2回は解き、8割程度は当然のように解答できるレベルを目指しましょう。

細かい暗記やわかりにくい選択肢対策として、センター問題集は便利です。
学校レベルが8割解ければ、センター問題集を2回ほど丁寧に解くことで、センター7割は取れるようになるでしょう。

逆に、学校レベル+センター問題集を勉強してもセンターが6割も取れないのであれば、勉強方法を大きく間違えています。
王道で正しい勉強方法を教えてくれる先生にいますぐ問い合わせしましょう。

センターレベルの解説が、一人で理解できるようになれば、受験レベルの問題集を解く能力がある程度つきます。
標準問題精講や化学の新演習、私立獣医の赤本などにもチャレンジしてみましょう。

重要問題集は良書だが、やらなくていい

計算や理解力が必要な、受験レベルの問題集として「重要問題集」は非常に有名。
実際に麻布の化学で合格点をとることを考えると、重要問題集はA問題のみでも難しすぎるといえるでしょう。
B問題は、国立獣医の上位3校(農工大学、東大、北海道大)を受験する人でなければ不要です。

記述も多いですが、記述が書けることは選択肢を選ぶことと基本的には同じ。
化学でしっかり点を取るのであれば、きれいな文章でなくてよいので、関連のある単語をならべるなど、記述にもチャレンジしましょう。

まとめ

  • とにかく理論化学をしっかり理解
  • センター試験はいい練習になる
  • 応用問題は不要

獣医学科出身のプロ家庭教師による、無料体験授業の申込みは → こちら

よくある質問・料金などは → こちら