明治大学、総合数理学部の入試基礎分析

明治大学の総合数理学部の基本情報  

試験に関して(試験種類・科目)

学部別入試の合格最低点

明治大学の総合数理学部の基本情報

総合数理学部は3学科あります。

明治大学の理系学部は農学部があり、
文理の中間にあたる学部が、商学部・経営学部・情報コミュニケーション学部などがあります。

その中でも理工学部と総合数理学部の一般入学試験では数学Ⅲが必要となり、
高度な数学力が求められる2学部となっています。

明治の総合数理学部 入試問題分析 → 英語 数学   全学部統一(英語 数学 化学

他の理学部・理工学部分析 → 立教大学 学習院大学 中央大学 上智大学 その他の大学分析 

学科

現象数理学科
先端メディアサイエンス学科
ネットワークデザイン学科

アクセス

総合数理学部
東京都中野区中野4-21-1(中野キャンパス)
中央線・総武線の中野駅から徒歩8分

試験に関して(試験種類・科目)

学部別入学試験
全学部統一入学試験
大学入学共通テスト利用試験(前期・後期)

3種類が主な入試であり、
定員の大半は学部別入試となっています。

学部別入学試験

【英語】代わりにフランス語とドイツ語も選択可
【数学】ⅠAⅡBⅢ

数学の配点が200点に対して、英語は120点となっています。

全学部統一入学試験

3科目方式、4科目方式、英語4技能4科目方式の3種類があります。
3科目方式は現象数理学科と先端メディアサイエンス学科の2学科でしか実施されていないので、注意が必要です。

3科目方式
【英語】
【数学】ⅠAⅡB
【国語】漢文なし

英語と国語が100点で、数学が200点となります。

4科目方式
基本的に理工学部と同じですが、配点が違うので注意してください。
また、英語4技能4科目方式は英語が外部試験となります。

共通テスト利用

前期の15~25%しかないことから、
基本は第1志望の生徒が狙うべき枠ではありません。

第1志望であれば、どちらの学部でも前期を狙いましょう。

共通テスト後期

総合数理学部は各1名と、他の学部同様非常に定員が少なくなっています。

後期で合格を目指すのは難易度が高く、現実的ではないでしょう。

学部別入試の合格最低点

学部別入試の合格最低点を見てみると、
総合数理学科は毎年50~60%と開きが少なく、
学科別でみても大体同じ合格最低点となっています。

3学科とも合格最低点の違いはあまりなく、毎年55%程度が必要になります。
年によっては60%近い得点率が必要になることがあるので、55%で高確率とはいえますが、必ずとは言えません。

得点率が他学部と比較して低くなっているのは、問題の難易度が違うから。
試験科目が少ない分、メインの数学は明らかに理工学部より難しい問題が出題されています。

単純に合格を狙うのであれば、全学部統一入学試験を利用するのも有効といえます。

明治大学に合格するためのプロ家庭教師の指導に興味がある方は → こちら