酪農学園大学の獣医学類を徹底分析 | 獣医学科ならプロ家庭教師のロジティー

酪農学園大学の獣医学類に合格するのための基本情報

酪農学園大学には獣医学群と農食環境学群があり、獣医学群にも獣医学類と獣医保険看護学類の2つがあります。

当然あなたが獣医師になりたいのであれば、獣医学群の獣医学類に入学することが、その入り口となります。

入試形式の大幅な変更

これまで独自試験のみでしたが、

英語と数学が共通テスト利用、
理科のみ独自試験。

となりました。

また、一部の人数では理科の配点が2倍になる理科重点型が導入されています。

入試問題分析 → 英語分析 数学分析 生物分析 化学分析

1年で私立獣医に合格する勉強法 → 英語 数学 生物 化学

他の獣医学科に関しては → こちら

アクセス

住所:北海道江別市文京台緑町582番地
最寄り駅:大麻駅(函館本線) から徒歩7分

北海道の中でも比較的中心に近く札幌まで電車でも車でも30分程度で行くことができます。

他の私立獣医との違い

違いとしては、北海道にキャンパスがあるということが大きいです。

北海道には北海道大学と帯広畜産大学という2つの国立獣医大学があります。

理由は簡単。ニーズがあるからです。

酪農学園大学という名前からわかるように、産業系の獣医になるのであれば、選択肢として非常に魅力的だと思います。

試験の上では、岡山理科大学などと同様に、試験の場所を選ぶことができます。
北海道だけでなく、東京・大阪などからも試験が受けられるので、他の国立大学、私立大学と併願しやすいのも便利です。

合格最低点を考えると絶対獣医になりたいが、学力的にぎりぎりだ。
という場合には、必ず候補に入れるべきです。

ただし、入試形式がほかの私立大と異なり、独自の対策が一番必要な私立獣医といえます。

私立獣医をうける生徒であれば、私なら確実に候補としていれるように勧める学校です。

試験に関して

定員

獣医学類は全体で120人ほどが入学します。

その中で2022年1~3月の入試では1期の学力が57人と約半分を占めます。

57人の内訳は
50人が普通のA日程
7人が理科の配点が高い、理科重点型

実際に酪農学園大学の獣医学類に本気で挑んでいる人は、第1期学力試験にすべてをかけるつもりで挑戦しましょう。

他にも推薦枠も多くあり、
2期の学力試験と共通テスト利用入試(前期)で16人ほど合格します。

試験科目

試験科目は私立獣医では標準的な3教科3科目ですが
英語と数学は共通テスト
理科のみ酪農学園独自の試験です。

【英語】共通テスト利用(リスニング2割)
【数学】共通テスト利用
【理科】化学、生物から1つを選択

共通テスト利用入試

酪農学園大学では、前期と後期の2回ありますが、
獣医学科に相当する獣医学類は前期のみの実施です。

【外国語】英語(リスニング2割) 
【数学】ⅠA・ⅡB
【理科】生物・化学・物理から1つ選択

合格最低点

前期試験にあたる1期学力試験の合格最低点は、55~62%程度
だいたい6割を基準として勉強するのがわかりやすいと思います。

後期である2期学力試験は、当然さらに難易度が高く60~75%の得点率が必要になってきます。
どの学校でもいえることですが、1期で合格できない生徒は、基本的に2期はのぞみが非常に薄いというのが現実です。

センターでの合格最低点

例年ではだいたいは、83%ほどです。

もちろん簡単ではありませんが、科目は他の私立獣医と同様に限定されています。
私の生徒でも1年半~2年しっかり勉強すれば、十分に到達できる点数となっています。

男女比・現役浪人比・学費

男女比は年によって変動がありますが、大体5:5くらいになっています。

酪農学園大では、推薦合格者は若干女子の方が多く、一般試験での合格者は若干男子の方が多くなる傾向にあります。

現役浪人比

年によって変動が大きく、公式のデータは出ていませんが、大体4割程度が現役といわれています。

また、2浪以上も2割程度いるといわれており、浪人生にとっては選択肢として入れやすい環境です。

学費

学費は6年間で約1330万円(同窓会費や互助会費などの諸会費を含む)となっています。

多くの大学では、入学金の影響で初年度の金額が高いですが、酪農学園大学は逆です。
入学金が30万円で、それを含めて初年度が約180万円
2~6年が年額約230万円となっています。

また、立地の関係から学生寮があるのも特徴です。

保護者の方へ

試験方式の変更により、私立のみの受験を考えていた生徒にとって、受験しにくい大学となりました。

一方で国公立狙いの学生が滑り止めで使いやすくなったといえます。

お子さんが私立をメインターゲットに考えている場合には、これまでとは違った勉強が必要であり、勉強計画が非常に重要になります。

浪人生は特に注意が必要でしょう。

獣医学科出身のプロ家庭教師の指導は → こちら

よくある質問・料金などは → こちら

他の記事一覧は → こちら

コメント

  1. […] 酪農学園大学の獣医学類に合格する方法 → 基本情報 英語分析 数学分析 生物分析 […]

  2. […] 酪農学園大学の獣医学類に合格する方法 → 基本情報 英語分析 数学分析 化学分析 […]

  3. […] 酪農学園大学の獣医学類に合格する方法 → 基本情報 英語分析 生物分析 化学分析 […]

  4. […] 酪農学園大学の獣医学類に合格する方法 → 基本情報 数学分析 生物分析 化学分析 […]